うねりを抑えてサラ髪へ!エアグランを使った口コミ♪

ブライトエイジホワイトに副作用はある?成分を徹底調査

ブラストエイジホワイト

この記事では、ブライトエイジホワイトに副作用はあるのかについてまとめます。

ブライトエイジホワイトは妊娠中や授乳中でも飲める成分でできた第三医薬品ということが分かりました!

飲み合わせなどが心配な人は、医師に相談するか、購入ページの一番下の「薬剤師への相談欄」を使って不安を取り除いてくださいね♪

ブライトエイジホワイトの副作用

ブライトエイジホワイトはシミに効果があると評判な反面、副作用はないのか気になりますよね。

第三医薬品であるブライトエイジホワイトは、副作用の記載が義務付けられていて、公式サイトに書かれている内容は次のとおりです。

服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この袋を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐、胃部不快感、腹痛

第一三共ヘルスケア

ブライトエイジホワイトには、皮膚や消化器に副作用の症状があらわれる場合があります。

ネット上には副作用が出たという声は見つかりませんでしたが、もし何か異変を感じたら服用を中止して医師や薬剤師に相談しましょう。

ブライトエイジホワイトの安全性

公式サイトに書かれている安全性に関する記載は次のとおりです。

ブライトエイジホワイトは妊娠中や授乳中も飲める

ブライトエイジ ホワイトは、妊娠中服用できますか?

効能・効果に「妊娠・授乳期のビタミンCの補給」とありますので、服用できます。ただし、医薬品ですので用法・用量を守り、妊娠初期は主治医に相談してください。

ブライトエイジ ホワイトは、授乳中服用できますか?

効能・効果に「妊娠・授乳期のビタミンCの補給」とありますので、授乳中でも服用できます。

ブライトエイジホワイトは妊娠中や授乳中も飲めると書かれています。

効能・効果に「妊娠・授乳期のビタミンCの補給」とあるので、足りないビタミンを補う目的として飲むことができますよ。

ただ、妊娠初期は非常にデリケートな時期なので、服用は主治医に相談するようにしましょう。

ブライトエイジホワイトは便や尿に影響がある

ブライトエイジ ホワイトを服用すると、尿が黄色になることがありますか?

ブライトエイジ ホワイトの「成分・分量に関連する注意」に「尿及び便の検査値に影響を与えることがある」とありますが、どのようなことですか?

ブライトエイジ ホワイトの「成分・分量に関連する注意」に「尿及び便の検査値に影響を与えることがある」とありますが、どのようなことですか?

ビタミンCには還元作用があるので、還元作用や酸化作用を利用した尿や大便の検査(例えば尿糖検査や便潜血反応等)に対して、その検査を妨害することがあるため、注意が必要です。

ブライトエイジホワイトは、尿や便に影響を与える可能性があります。

これは副作用ではありませんが、ビタミンCの摂取で尿が黄色くなったり、便の検査を妨害することも。

健康診断や尿検査の前日および当日には、ブライトエイジホワイトは服用しない方がよいです。

ブライトエイジホワイトの成分をチェック!

成分4錠あたり
アスコルビン酸(ビタミンC)1000mg
L-システイン240mg
コハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)100mg
リボフラビン酪酸エステル(ビタミンB2酪酸エステル)12mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)20mg
ニコチン酸アミド(ビタミンB3)25mg
パントテン酸カルシウム24mg

また、添加物として、トウモロコシデンプン、乳酸Ca、セルロース、クロスカルメロースNa、メタケイ酸アルミン酸Mg、ステアリン酸Mg、ヒプロメロース、酸化チタン、マクロゴール、カルナウバロウが使われています。

ブライトエイジホワイトの飲み合わせは販売ページでも相談できる

ブライトエイジホワイト

ブライトエイジホワイトについて相談したいことがあれば、販売ページの一番下に記載できます。

商品を注文して「飲み合わせ不可」だった場合には、商品代金や送料を返金してもらえるので安心ですね。

医師や薬剤師に直接相談する機会がない人でも利用しやすいですよ!

ブライトエイジホワイトの副作用についてまとめました

ブライトエイジホワイトの副作用についてまとめました。

  • 第三医薬品のため副作用について記載あり
  • 万が一、発疹や腹痛の症状が出た場合には医師に相談
  • 妊娠中や授乳中も服用できる

ブライトエイジホワイトは公式サイトからの購入で初回58%OFFとお得なので、気になる人はチェックしてみてくださいね♪