\ 最大8%ポイントアップ! /

ファミリー布団はどこで買う?ファミリーマットレスのランキングとデメリットを解説

家族

この記事では、ファミリー布団とファミリーマットレスのおすすめランキングを紹介します。

ファミリー布団は大きくてお手入れがしにくいデメリットがあるので、シングルのマットレス2つの上に、キングの敷パッドを敷くのがおすすめです!

赤ちゃんが連結部を気にするほどでもないですよ。

アイリスオーヤマのエアリーマットレスは、丸洗いできて人気が抜群なのでチェックしてみてくださいね♪

タップできる目次

ファミリーマットレス(ファミリー布団)はどこで買うか選び方

ファミリーマットレス(ファミリー布団)はお値段もサイズも大きな買い物になるので、どこで買うか悩みますよね・

次の3点を基準に人気商品を選びました。

ファミリーマットレスのおすすめの選びを簡単にまとめます。

①:寝心地

ファミリーマットレス(ファミリー布団)を選ぶ上で、寝心地は重要なポイントです。

厚みが薄いマットレスは、腰を痛める原因になったりしておすすめできません。

最初はボリュームがあっても、へたってくる布団もあるため、口コミが良いものを選ぶことも大切です。

②:お手入れのしやすさ

ファミリーマットレスはお手入れがしにくいという難点があります。

大きさや厚みを意識しすぎると、布団を洗ったり、掃除のときに避けたりするのが大変になります。

大きな1枚を買うのか、2枚にも分けれるものを選ぶのか検討しましょう。

③:価格

ファミリーマットレスの値段はピンキリです。

5,000円ぐらいで買えるものから、その10倍以上するものもあります。

あまり安いものは長持ちしないことが多く、最低でも1~3万円のものを選ぶようにしましょう。

ファミリーマットレス(ファミリー布団)のおすすめランキング

ファミリーマットレス(ファミリー布団)のおすすめランキングを発表します!

それぞれを見ていきましょう!

1位:アイリスオーヤマ「エアリーマットレス」シングル2枚

ファミリー布団1

ファミリーマットレスのおすすめランキング1位は、アイリスオーヤマのエアリーマットレスです。

エアリーマットレスはファミリー布団ではありませんが、2枚を繋げてその上にキングの敷パッドを敷くと一続きのマットレスのように寝ることができます。

メリット
デメリット
  • お手入れがしやすい
  • 丸洗いできる
  • へたりにくい
  • 多少は溝が気になる
  • 値段が高め

メリットとデメリットは次のとおりです。

エアリーマットレスのデメリット

①:お手入れがしやすい

1枚のファミリー布団はつなぎ目がなく寝心地は良いですが、大きくて扱いにくいです。

干したり掃除のときに移動させるのが大変なので、ついお手入れがサボりがちになってしまうことも…。

エアリーマットレスのシングル2枚なら、いつものシングルマットレスと同じように動かせます。

通気性が高いので、立て掛けておけばマットレスに溜まった湿気を逃がしてくれます。

朝起きたらマットレスを立て掛けておくだけで大丈夫なので、時間がないときも助かりますね。

②:丸洗いができる

小さいお子さんがいると、おねしょをしたり、飲み物をこぼしたりと汚れてしまうことも多いですよね。

そんな時でも、エアリーマットレスはカバーを外して洗濯ができて、マットレス本体も水洗いOKです。

マットレスの素材は、エアロキューブという高密度のチューブ状の繊維で造られています。

このため、速乾性と通気性がとても高く、マットレスが丸洗いできるのです。

③:へたりにくい

エアリーマットレスの素材は、新幹線のシートにも使われるほど耐久性が高いです。

5㎝という薄さで適度な硬さがあるので、どんな寝姿勢でも底付き感を感じにくいですよ。

使っているうちにすぐにへたる…ということもないので安心ですよ。

エアリーマットレスのデメリット

①:多少の溝は気になる

エアリーマットレスのシングルを2枚つなげると、多少の溝はできます。

シングル2枚とキングが同じサイズなので、キングの敷パッドを敷けば2枚の間の溝が気になりにくいです。

とはいえ、1枚ものと比べると連結部分が分かるので、細かいところが気になる人には不向きです。

②:2枚買うと値段が高め

エアリーマットレスのデメリットは、少しお高いところです。

シングルを2枚買うと、値段は3万円を超えます。

値段は張りますが、耐久性が高く、汚れても洗えるので、長く愛用はできます。

1枚もののファミリー布団は使える期間や用途が限られていますが、シングル2枚だとその後の活用の幅も広いですよ!

2位:インテローグ「ファミリーマットレス敷き布団」ワイドキング280㎝ 厚さ12㎝

ファミリー布団2

ファミリーマットレスのおすすめランキング2位は、インテローグのファミリーマットレスです。

メリット
デメリット
  • サイズ展開が豊富
  • 寝心地が良い
  • 寝心地が良い

メリットとデメリットは次のとおりです。

インテローグのメリット

①:サイズ展開が豊富

インテローグのおすすめポイントは、サイズ展開が豊富なところです。

幅100㎝のシングルサイズと幅80㎝のセミシングルサイズのマットレスを組み合わせることができます。

大人2人が寝られる幅200㎝のものから、大人2人+子ども3人の家族5人が寝られる幅300㎝のものまで、4タイプのサイズ展開になっています。

一般的に、大人2人+子ども2人の家族4人で寝る場合、布団の幅は240㎝といわれています。

インテローグのマットレスは幅280㎝サイズがありますので、家族4人でも広々と寝ることができます。

部屋の大きさや家族の人数によってぴったりのサイズを選べますね♪

②:寝心地が良い

インテローグのマットレスは身体が沈み込みにくいよう、一番負荷のかかる腰の部分は固めの仕様になっています。

寝たときに、身体全体をバランス良く支えてくれますよ。

マットレスはトリプルエアスルー構造を採用しており、通気性が高いメリットも。

使用後も、立て掛けておくだけで湿気を逃してくれます。

カバーは外せるため汚れても洗濯が可能で、清潔を保てますよ。

インテローグのデメリット

①:テープの付け外しが手間

インテローグのファミリーマットレスには、マットレス同士を連結させるワンタッチテープがマットレスのサイドに付いています。

このワンタッチテープで固定すると、子供の元気な寝相でもマットレスがずれにくくなりますよ。

ただ、この布団をつなぐワンタッチテープのつけ外しはデメリットでもあります。

マットレスを用意するたびにつけ外しをしなければならないので、少し手間に感じるかもしれませんね。

3位:ひなたのふとん「家族広々スーパーワイド敷布団」

ファミリー布団3

ファミリー布団のおすすめランキング3位は、家族広々スーパーワイド敷布団です。

メリット
デメリット
  • つなぎ目がない
  • 値段が安い
  • 大きくて扱いにくい

メリットとデメリットを見ていきましょう。

家族広々スーパーワイド敷布団のメリット

①:つなぎ目がない

家族広々スーパーワイド敷布団は家族みんなで使える幅250㎝のワイドな敷布団です。

1枚の大きな敷布団のため、マットレスのようにつなぎ目がないのが一番の特徴です。

子どもの元気すぎる寝相でも布団がずれることがありません。

つなぎ目の凹凸を気にすることなく、広々と寝られますよ。

8㎝の厚みと、固綿を芯にした3層構造により寝転んだ時の底付き感がなく、マットレスがなくても快適に眠れます。

②:値段が安い

家族広々スーパーワイド敷布団はファミリー布団としてはお手頃です。

1万円台で手に入るのが嬉しいですね。

1枚ものの布団は使える期間が限られていますが、この値段なら購入に踏み切りやすいです。

家族広々スーパーワイド敷布団のデメリット

①:大きくて扱いにくい

家族広々スーパーワイド敷布団のデメリットは、1枚の大きな敷布団のため、扱いにくいということです。

干したり、片付けたりする際に、重たくてかさばるところが難点です。

布団を敷きっぱなしにするとカビが生えやすいので、上げ下ろしをするか、すのこなどの対応が必要でしょう。

ファミリーマットレス(ファミリー布団)のランキングまとめ

ファミリーマットレス(ファミリー布団)のランキングを紹介しました。

  1. アイリスオーヤマ「エアリーマットレス」
  2. インテローグ「ファミリーマットレス敷き布団」
  3. ひなたのふとん「家族広々スーパーワイド敷布団」

ランキング1位のアイリスオーヤマ製のエアリーマットレスは、おねしょや飲み物などで汚してしまっても、マットレスごと洗えます。

お手入れのしやすさは、小さなお子さんをもつご家庭には外せないポイントですね。

子どもと一緒に、のびのびと快適に眠れるファミリー布団。ぜひお布団選びの参考にしてみてください。

-PR-

タップできる目次