【店舗拡大中】chocozapの口コミ

赤ちゃんのジョイントマットはいつから?どこまで敷くか写真で解説

ジョイントマット 4枚

この記事では、赤ちゃんのジョイントマットはいつからどこまで敷くか写真で解説します。

我が家では、赤ちゃんが寝返りを覚える4~5ヶ月からジョイントマットを使い始めて、成長に合わせて敷く範囲を広げていきました!

実際にジョイントマットを敷いた写真が見たい人はこの記事を、使っているジョイントマットが気になる人は商品ページをチェックしてみてくださいね♪

  • おしゃれな選べる7色
  • 簡単カットでカスタマイズOK

ジョイントマットはいつから?ベビーベッドが狭くなったら敷く!

ジョイントマットはいつから敷くのが良いでしょうか?

次の3つのポイントに当てはまれば、ジョイントマットを敷くタイミングです!

  1. ベビーベッドなどの今のスペースが手狭
  2. うつぶせ寝が増えきた
  3. 赤ちゃんの遊び場所を作ってあげたい

それぞれを詳しく見ていきましょう!

①:ベビーベッドなどの今のスペースが手狭

寝返り

ジョイントマットが必要になるタイミングは、ベビーベッドなどの今のスペースが手狭になってきたときです。

赤ちゃんは生後4~5ヶ月に寝返りを覚えると動ける範囲が広くなり、ベビーベッドの中ではぶつかってしまいます

広いスペースを用意してあげることで、視界が広がって楽しくなりますよ♪

ひとてん
赤ちゃんは急に成長して動き出すので、早めの対策が必要です!

②:うつぶせ寝が増えきた

うつぶせ寝

最初は仰向けに寝ていた赤ちゃんも、寝返り後にはうつぶせ寝で過ごすことが多くなります。

うつぶせ寝が増えてくると、よだれやミルクの吐き戻しでカーペットなどが汚れてしまうことも…。

ジョイントマットは汚れをサッと拭けるので、お掃除が簡単です!

ひとてん
うつぶせが好きな子は授乳後の吐き戻しが増えます…

③:赤ちゃんのプレイスペースを作ってあげたい

ジョイントマット 生後6ヶ月

赤ちゃんのおもちゃや絵本は、月齢とともに増えていくもの。

プレイスペースを作ってあげたいと思ったら、ジョイントマットを敷いてあげるのがおすすめです!

ジョイントマットは適度な柔らかさなので、赤ちゃんを遊ばせるのにピッタリですよ♪

ひとてん
赤ちゃんの小さなお部屋ができたみたい♪

生後4~5ヶ月がジョイントマットを敷くタイミングにぴったり!

赤ちゃんの性格や成長スピードによってジョイントマットをいつから敷くかは多少の差があります。

平均すると4~5ヶ月がちょうどいいタイミングでしょう。

広いスペースを作ることで、赤ちゃんが体を動かしやすくなったり、ママやパパと遊びやすくなったリします。

歩き出してからも、転んだ時のケガの防止や防音対策としても長く使えるので、多めに買っておくと拡張できて便利ですよ♪

  • おしゃれな選べる7色
  • 簡単カットでカスタマイズOK

【月齢別】ジョイントマットはどこまで敷く?

ジョイントマットはどこまで敷くのがよいのでしょうか?

実際に我が家がジョイントマットをどこまで敷いたのか、月齢別の写真で紹介します!

[生後4ヶ月] ジョイントマット4枚

ジョイントマット 4枚
生後4ヶ月でジョイントマットを導入

我が家がジョイントマットを最初に敷いたのは生後4ヶ月で、ひとまず4枚から。

今までリビングのベビーベッドで日中を過ごしていた息子が、プレイスペースにデビューです!

寝返りをしてベビーベッドにぶつかったり、柵から足が出てしまうことが増えたので、ジョイントマットを買いました!

元から敷いてあったラグは大人が座るスペースを考えて、ひとまずはそのままに。

このタイミングでプーさんのメリーもジムに変身させました。

プーさんのメリーについては、プーメリーの口コミは本物!いつからいつまで遊べるか写真でレビューで詳しく紹介しています。

[生後6ヶ月] ジョイントマット9枚

ベビーサークル 生後6ヶ月
生後7ヶ月にはベビーサークルも導入

生後6ヶ月になると動く範囲が増えて、4枚のジョイントマットからはみ出すことがでてきたので、9枚に拡張しました。

このタイミングで以前のラグは別室に移動です。

生後7ヶ月にはズリバイを覚えてカーテンを口に入れるようになったため、ジョイントマット9枚に合うサイズのベビーサークルも導入!

180cm×180cmのサークル内がプレイスペースになって、外の危ないものを触ったり口に入れたりすることがなくなりました。

ベビーサークルについては、ベビーサークルはいつからいつまで使う?必要期間とテレビ前への変形で紹介しています。

[生後11ヶ月] ジョイントマット全面

ジョイントマット 全面
ジョイントマット拡張のために避難中

1歳前につたい歩きができるようになると、一緒に遊ぶときはジョイントマット(ベビーサークル)の外に出すことが増えてきました。

フローリングの場所で転んでしまうと危険なので、ジョイントをリビング全面に拡張することに

木目調ジョイントマット6畳用(32枚セット)を買いましたが、8.5畳のスペースに敷いても4枚ほど余りました。

最終的には全面に敷きたい人は、お部屋の広さに合わせたジョインマットを用意しておくと便利ですね!

  • おしゃれな選べる7色
  • 簡単カットでカスタマイズOK

ジョイントマットはいつまで?2歳頃まで使える!

生後4ヶ月頃から活躍するジョイントマットですが、いつまで使えるのでしょうか?

ジョイントマットは1歳を過ぎても使う!

1歳半を過ぎてあんよが安定しても活躍します。

理由は次の2つです。

  1. 転んでしまっても安心だから
  2. おもちゃを落とした音が響きにくいから

1歳児は上手く歩けるようになったとはいえ、おもちゃなどに躓いて転んでしまうことがよくあります。

そんなときでもジョイントマットがあれば安心ですね。

また、1歳になるとおもちゃを投げることも増えてきます。

特にマンションでは下の階に音が響きにくく、床に傷も付きづらいですよ♪

ジョイントマットは2歳ごろまで

子供が2歳になると、転んでも上手く受け身が取れるようになります。

安全対策としてのジョイントマットは、2歳頃まででよいかと思います。

ただ、2歳児は足音が大きかったり、飛び跳ねたりすることが出てくるので、マンションなら防音対策は必要。

我が家は2歳を過ぎてもまだジョイントマットを使っていますよ!

ひとてん
実際に使っているジョイントマットを紹介します♪

購入したのはオシャレな木目調の大判ジョイントマット

ジョイントマット 大判 木目調

息子が生後4ヶ月のときに我が家が購入したのは、木目調ジョイントマット6畳用(32枚セット)です。

カラフルなジョイントマットは子供らしくて可愛いですが、リビングに敷くことを考えて部屋に馴染みやすい木目調にしました。

また、ジョイントマットの唯一のデメリットは、マットとマットの隙間に小さいゴミが入りやすいこと。

サイズは大判の60cmを選ぶのが、衛生的でおすすめですよ♪

ジョイントマットはハサミやカッターで切ることができるので、すみっこのサイズは調整しましょう!

  • おしゃれな選べる7色
  • 簡単カットでカスタマイズOK

使って分かった!ジョイントマットの5つのメリット!

ジョイントマットにはメリットがたくさんあって、買って良かった育児グッズの1つです!

ジョイントマットのメリット
  1. クッション性がある
  2. 水や汚れに強い
  3. 防音対策になる
  4. 成長に合わせて大きさを変えられる
  5. 長く使える

ジョイントマットは柔らかい素材でできているので、赤ちゃんが頭をぶつけてもダメージが小さくてすみます。

大人が座っても温かく柔らかなので、赤ちゃんと一緒に遊ぶときに長時間座っていても快適!

そして、ジョイントマットのラグとの大きな違いは、簡単に汚れが拭き取れるところです。

赤ちゃんはうつぶせ寝が多くなると、床がよだれやミルクの吐き戻しで汚れやすくなります。

ジョイントマットはさっと汚れを拭き取ったり、一部を剥がして丸洗いできるので便利ですよ。

ひとてん
離乳食の後の片付けもジョイントマットのなら拭くだけ♪

また、赤ちゃんはおすわりを覚えると、おもちゃを落としたり投げたりすることがでてきます。

マンションなどの集合住宅に住んでいる場合、下の階の住人の迷惑にならないか気になるので、ジョイントマットは防音対策としても効果的!

最初は小さいスペースしか必要でない赤ちゃんも、成長と共に活動範囲が広くなるので、手軽にプレイスペースを拡張できるのも魅力的ですね♪

赤ちゃんの時期しか使いづらいプレイマットを買うよりも、後々のことを考えるとコスパが良かったです♪

赤ちゃんのジョイントマットについてまとめ

ジョイントマットはいつからどこまで敷くのかを解説しました。

  • ジョイントマットは寝返りを覚える生後4~5ヶ月頃から
  • 安全や防音対策として2~3歳まで使える
  • 大判を多めに買っておくと拡張に便利

ジョイントマットを敷いて、赤ちゃんが安全で動きやすいプレイスペースを作ってあげましょう♪

  • おしゃれな選べる7色
  • 簡単カットでカスタマイズOK

あわせて読みたい

ベビーサークル プレイスペース
ママトールベビーゲート 開放