健康的に痩せたい!ベースブレッドでダイエット

ジャンピングボードの評判・口コミは?子供と大人の効果をレビュー

ジャンピングボード 1歳半

この記事では、室内遊具のジャンピングボードを親子3代で使ってみた口コミ評判や効果を紹介します!

ジャンピングボードはトランポリンほど跳ねないので、子供と一緒に安全に遊べて、大人にはダイエットの効果もありました!

幅広い世代が楽しめる室内遊具を探している方にはチェックしてみてくださいね♪

ジャンピングボードの評判は本物!2歳の子供と大人が使った口コミと効果をレビュー

ジャンピングボードのネット上の評判を集めました。

また、2歳前の子供、アラサーママ、60代のおばあちゃんが親子三代で使った口コミと効果をレビューします。

2歳前の子供が使った口コミと感想

  • バネのものと違いあまり揺れないのですぐに一人で遊べる
  • そんなに跳ねていないのにとても楽しそう
  • 足を挟む心配もないし、音も小さめで最高

跳ねすぎない設計のため、子供が遊んでも安心という声が多数でした。

我が家の息子は2歳前ですが、大人が使っているのを見て早くもジャンプを会得。

また、ボードに十分なスペースがあるため、大人が一緒に乗って跳ぶ揺れを感じてはしゃいでいます。

ひとてん
大人が手を繋いで一緒に乗るのも楽しいです!

ママ世代の大人が使った口コミと感想

  • 楽しくジャンプできるためテレビを見ながら跳ねている
  • ジャンプすると結構すぐに汗ばむので、運動不足解消になりそう
  • 組み立て不要で箱を開けてすぐに使えるのがいい

5分間の跳躍で約1kmのジョギング運動になるとのこと。

ジャンピングボードは家事や育児で忙しく、なかなか運動をする時間が取れないママにぴったりです。

普段は息子を追いかけたり、公園で遊んだりしていますが、それとは違ったエクササイズのキツさがあります。

独身の頃はダイエットにも力が入りますが、出産後はどうしてもサボりがち。

M2Wの失恋でダイエットした?の100人アンケートによると、結婚前は食事制限や筋トレで成功している人が多数です。

ママになると時間や余裕がないので、子供と一緒に遊びながらダイエットに挑戦できるのが一番ですね♪

ひとてん
数分跳んだだけで汗をかくのでダイエット効果がありそう!

おばあちゃん世代が使った口コミと感想

ジャンピングボード 大人
  • トランポリンが大好きな孫と一緒に遊ぶために購入
  • 運動不足解消とダイエットにも効果がありそう
  • 軽くジャンプを続けていると徐々にふくらはぎが鍛えられていて、これから毎日が楽しみ

段が低く揺れないので、おばあちゃん世代も安全に使うことができます。

60代の母曰く、エアロバイクよりも短時間で汗をかけて楽しいとのこと。

運動不足になりがちなおばあちゃん世代も、自宅でお手軽にエクササイズできるのはいいですね。

ひとてん
実母も足腰を鍛えるために頑張っています!

ジャンピングボードは家族で楽しめる室内遊具

ジャンピングボードを家族で使ってみて、どの年代でも楽しめることが分かりました。

跳ねすぎないので、子供からおばあちゃん世代まで安心して使えるのがいいですよ♪

ジャンピングボードの特徴とトランポリンとの違い

ジャンピングボード 子供

ジャンピングボードとは、子供から大人まで使用できるボード型のトランポリン。

販売実績が2,000台を突破した、プチブームの室内遊具なのです。

ジャンピングボードの特徴①:あまり跳ねないので安全

ジャンピングボードは体操競技の踏みきり版からヒントを得た、安全なトランポリン。

マイルドな跳ね上がりのため、子供や年配者が使っても事故や怪我に繋がる心配が少ないです。

ジャンピングボードの特徴②:親子で同時に遊べる

ジャンピングボードは耐荷重が100kgまでなので、親子で一緒に遊べます。

まだ1人で遊べない子や、少し怖がりな子でも、大人が手や体を支えていれば一緒に乗ることができます。

ジャンピングボードの特徴③:消音設計でマンションでも安心

トランポリンといえば、飛び跳ねたときの音や振動が気になるもの。

ジャンピングボードはスプリングで足の音を吸収し、空気の反動でジャンプ。音が響きにくいため、階下への騒音も心配ありません。

ジャンピングボードのメリット・デメリット

ジャンピングボードのメリットとデメリットは次のとおりです。

ジャンピングボードのメリット

ジャンピングボードの最大のメリットは、程よい跳ね具合と安全な設計です。

それほど跳ねないのに子供はとっても楽しそうで、大人のエクササイズにもぴったり。

そしてトップがフラットなため躓いたりする心配もなく、バランスを崩したときも怪我になりにくい低さもポイントです。

ジャンピングボードのデメリット

ジャンピングボードのデメリットはメリットと同じになりますが、思ったよりも跳ねないので、最初はアレ?っと感じました。

しばらく使ってみると、跳びすぎず安定したジャンプが続けられるので飽きないことに気づきました。

バネのトランポリンのような高いジャンプやスリルとは無縁の、安全第一の商品です。

ジャンピングボードの価格

ジャンピングボード

ジャンピングボードは、70×70cmの本体とズレ防止のマットがセットで、税込1万円台前半です。

オプションでジョイントマットを付けることもできますよ。

ジャンピングボードと合わせてダイエット効果を出すなら…

ジャンピングボードと合わせてダイエット効果を出すなら、次の2つの商品がおすすめです!

①:ベースブレッド

ベースブレッドは、低カロリーで栄養満点の完全栄養食です。

私は実際にベースブレッドで産後のダイエットに成功しましたよ!

>ベースブレッドで太る人の共通点|ダイエット効果のある食べ方を解説

②:LYFTプロテイン

LYFTプロテインは、全6種類とフレーバーが豊富で、たんぱく質がたっぷり摂れるプロテインです。

ダイエットだけでなく、筋肉も付けたい人は試してみてくださいね♪

>【本音でレビュー!】LYFT(リフト)プロテインを試した私の口コミ評価(ジブのダイエットサロン)

ジャンピングボードは跳ねすぎず安全なボード型トランポリン

ジャンピングボードについて紹介しました。

ジャンピングボードのポイント
● 跳ねすぎないので安全
● 親子で一緒に遊ぶことができる
● マンションでも安心の消音設計

幅広い世代が使える室内遊具を買うことで、家族みんなで楽しく運動ができますね。

あわせて読みたい

1歳 誕生日プレゼント 男の子

1歳の誕生日プレゼントは長く使えるが大事|知育玩具オススメ8選

iimo トライシクル#02 1歳半

iimo(イーモ)の三輪車トライシクル02の私の口コミ|01との違いは?