うねりを抑えてサラ髪へ!エアグランを使った口コミ♪

ノンタンが怖い!耳がちぎれるのが賛否両論な理由は?

ノンタン

この記事では、ノンタンが怖いと言われる理由を解説します。

ノンタンは可愛いイラストとコミカルな展開が人気ですが、ケガをして耳がちぎれるシーンが怖いという声が多いです。

賛否両論の「ノンタンがんばるもん」はちょっと痛々しいですが、注射が苦手な子供に勇気を与えてくれますよ!

ノンタンの耳がちぎれるのが怖い!

ノンタンの耳がちぎれるのが怖い…という声はネット上でもありました。

実際に読んだ人の口コミを見てみましょう!

ノンタンはブランコに乗っているとおっこちて、耳を怪我してしまいます。

ケガと言っても、半分ぐらい耳がちぎれていて痛々しい…。

この後、ノンタンは麻酔を打ってオペをしてもらいますが、可愛いイラストとはいえ、子供向けの絵本とは思えない生々しさですよね。

幼少期に読んでトラウマになったという人もいました。

ノンタンには意地悪をするなど、賛否が分かれる本も何冊かありますが、一番話題になっているのは「ノンタンがんばるもん」でしょう。

ノンタンの意地悪の賛否については、別記事で紹介しています。

「ノンタンがんばるもん」には高評価も!

耳がちぎれるのが怖い…という「ノンタンがんばるもん」ですが、高評価も多いです。

子供に与えてくれる良い影響は次の3つです。

  1. ふざけていると危険ということが分かりやすい
  2. 痛くても頑張って病院に行くノンタンをお手本にできる
  3. お医者さんの仕事に興味を持つことができる

それぞれを見ていきましょう!

①:ふざけていると危険ということが分かりやすい

ノンタンはブランコでふざけていて怪我をしてしまいます。

遊具だけでなく道路でふざけている子供にも、危ないことをすると痛いということが分かりやすいですね。

起きているとオバケに連れて行かれる「ねないこだれだ?」にも似ていますが、つい危険な行動をしてしまう子供には怖いイメージが沸いた方がよい場合もありそうです。

②:痛くても頑張って病院に行くノンタンをお手本にできる

子供は予防接種や風邪などで病院に行く機会がよくあります。

「いやだ」と泣いている子に対して、「ノンタンもがんばっているよ!」っと声掛けをするとプラスになることも。

ノンタンの影響で注射を泣かずに頑張れたという声もありました!

③:お医者さんの仕事に興味を持つことができる

ノンタンの耳がちぎれるのが怖いという声がある一方で、「ノンタンがんばるもん」が気に入っているという子もいます。

病院が出てくるので、お医者さんの仕事に興味を持つこともできますね!

耳がちぎれるシーンが怖いと感じるかどうかは、個人差があるようです。

ノンタンが怖い理由についてまとめ

ノンタンが怖い理由についてまとめました。

  • ノンタンには耳が半分ちぎれるシーンがある
  • 「ノンタンがんばるもん」は賛否両論
  • がんばるノンタンをお手本にできるという声も

「ノンタンがんばるもん」が気になる人は、商品ページをチェックしてみてくださいね♪