◆10月の全員もらえる無料プレゼント情報はこちら◆

赤ちゃんの病気におすすめの本!ホームケアの不安を1冊で解消


赤ちゃんは生後6ヶ月をすぎると母親からの免疫が切れ、病気にかかりやすくなります。

ひとてん
急に発熱!?どうしよう?
息子氏
ママ、例の本を出すんだ!
この記事では
病気の本の必要性をお伝えします
ホームケアにオススメの1冊を紹介します

まだ病気の備えをしていないママにオススメの記事です。

赤ちゃんが嘔吐したらどうしますか?

突然ですが、クイズです。正しい対応は1か2のどちらでしょう?

Q. 赤ちゃんが嘔吐したらどうしますか?

  1. 嘔吐物を拭き、すぐに哺乳瓶やマグで水分をとらせる
  2. 嘔吐物を拭き、しばらく様子をみる

これは簡単。口の中が気持ち悪いといけないし、脱水症状が心配なので、すぐにお茶などを飲ませる…

実はこれが間違いなのです。嘔吐した後すぐにたくさんの水分を与えると、それがまた吐き気を誘発することがあります。

息子が11ヶ月のとき、夜中に突然の嘔吐。びっくりしてすぐにマグでお茶を飲ませました。ゴクゴク飲む息子にほっとしたのも束の間、10分ほどでまた嘔吐してしまいました。

Q. 赤ちゃんが嘔吐したらどうしますか?

A. 嘔吐物を拭き、しばらく様子をみる。赤ちゃんの様子が落ち着けば、スプーンで少しずつ水分を与える。

参考図書:はじめてママ&パパの0~6才病気とホームケア

これが正解なのです。

ちゃんと知っていれば、息子は何度も吐くことはなかったのかと思うと胸が痛いですが、子供に嘔吐は付き物。次は必ず正しいケアをしたいと思います。

1冊は持っておきたい子供の病気の本

子育てにおいて、子供の病気や怪我は避けて通れません。ホームケアの本があると、いざというときに焦らず対応できます。

もちろんネットで情報を調べることもできますが、必ずしも正しい情報ばかりとは限りません。さっと開けて見やすい本を1冊、取り出しやすいところに置いておくと良いでしょう。

私はこちらの本を持っています。

写真や図が多いので、見やすさ・探しやすさが抜群です。

内容も充実していてオススメなので、詳しく紹介していきます。

『はじめてママ&パパの0~6才病気とホームケア』の内容

症状別・病気チェックシート

最初のページに『症状別・病気チェックシート』がついており、赤ちゃんの体調が悪いときはまずここをチェックします。

例えば『発疹が出た』場合、熱の有無を確認します。『熱がある』のであれば、次は発疹が出たタイミングと、発疹の箇所をチェック。『発熱とほぼ同時に発疹』が出て、『手、足、のどに水疱』の場合は『手足口病』。

すぐに該当のページを見て対処法の確認ができます。

症状別のホームケアのポイント

熱・嘔吐・下痢など、子供の病気によく出る症状の、ホームケアのポイントが詳しく載っています。写真も多いので、便の状態を見比べて判断することも可能。

冒頭の質問の『嘔吐したらどうする?』といった疑問も、このページを見れば一目瞭然です。病院に行くポイントや、注意すべきことも書かれているので、該当項目は目を通しておくと安心ですね。

気になる視力・身長・歯並びも

「視力や身長は遺伝する?」「歯並びをよくするためには?」「発達障害って?」など、病気以外の気になる項目も詳しく載っています。

我が家はパパもママも身長が低いので、息子の身長も気になるところ。最終身長の予想式に当てはめてみると…164cm!やっぱり小さめなので、本に載っている生活習慣で+αを目指そうと思います。

突然の子供の病気に備えよう

いかがでしたか?

子供の病気はある日突然やってきます。焦って間違った判断をしないために、手元に頼れる本を置いておくと安心です。

病気は子供にとっても親にとっても辛いもの。上手に乗り越えていきましょう。

あわせて読みたい

歯が2本 生後 9ヶ月

赤ちゃんの歯が生えない!遅い方がいい&大変の本音

赤ちゃん 寝かしつけ

夜間断乳はいつから?メリットデメリットと5つの事前準備

PAGE TOP