◆2021年1月版!全員もらえる無料プレゼント特集◆

新生児・生後1ヶ月ネントレのスケジュール【ゆるジーナ式】

自己流ゆるっとネントレ


新生児や生後1ヶ月の赤ちゃんは寝てくれなくて、ママが睡眠を取れないというのは、よく聞く話ですよね。

ネントレで赤ちゃんのスケジュールを決めることで、リズムが付きやすくなります。

息子氏
ネントレ…厳しそうな響きだ
ひとてん
我が家はマイペースに『ゆるジーナ式』を頑張ろう!

ネントレの中でもジーナ式ネントレは効果が高いと有名です。

ただし、ジーナ式にはルールが多く私にはできないと思い、ジーナ式にヒントを得た『ゆるジーナ式』を実践!

生後1ヶ月からの30日間で成功させることができたのです。

この記事では
ジーナ式ネントレの概要を説明します
私が実際に試した『ゆるジーナ式』を紹介します
スケジュールの組み方をお伝えします

赤ちゃんの睡眠のリズムが定まらず、悩んでいるママにおすすめの記事です。

『ジーナ式ネントレ』のスケジュールやルールは厳しい!?

生後1ヶ月 ネントレのスケジュール

私が読んだ本の中で、1番効果がありそうだと思ったのが『ジーナ式ネントレ』です。

赤ちゃんの生活リズムをママが作ることで、寝かしつけをしなくても眠るようになる魔法のような方法です。

妊娠中は『ジーナ式』にしようと決めていましたが、実際に育児を始めると新生児と一緒に細かなスケジュールを守るのって難しい。

ジーナ式のルールの例
  • お風呂の時間が15分単位で決まっている
  • 寝室で泣いている赤ちゃんを抱かずに見守る
  • お昼寝も部屋を真っ暗にする

このようにママが赤ちゃんの睡眠リズムをしっかり作るのが、『ジーナ式』です。

ひとてん
私には『ジーナ式』は無理だ~!

そこで、『ジーナ式』のように生活リズムは整えるものの、ハードルを低くした『ゆるジーナ式ネントレ』をすることにしたのです。

新生児・生後1ヶ月『ゆるジーナ式ネントレ』5つのやり方

息子が生後1ヶ月のときに『ゆるジーナ式ネントレ』を始めるにあたって、5つの掟を作りました。

新生児の場合は、夜間の授乳が多くなる以外は同じです。

ネントレルール①:朝7時までにカーテンを開けて起こす

自分が眠くても、赤ちゃんがぐっすり寝ていても、寝室から明るいリビングへ

いきなりゆるくない項目ですが、これはどの本にも書いてあるので守ることに。

朝に光を浴びると体内時計が正しくなるので、昼夜逆転を防げます。早起きを頑張りましょう。

ネントレルール②:日中は無理に寝かしつけず一緒に遊ぶ

授乳後などの機嫌がいい時間帯は、絵本を読んだり・歌を歌ったり・お話したりします。

赤ちゃんは寝かせようと思うと寝なくても、一緒に遊んでいると自然と寝ることもありました。

日中は無理に寝かしつけようと思わず、たくさん刺激を与えてあげるといいでしょう

遊びのネタが尽きたときにはプーメリーが活躍。生後2ヶ月以降は神のような存在でした。

プーメリー 生後1ヶ月 プーさん メリー

プーメリーの口コミは本物!いつからいつまで遊べるか写真でレビュー

ネントレルール③:風呂は毎日同じ時間に

入浴は夕方がいいと書いてある本が多いですが、ここは無理をせずライフスタイルに合わせることにしました。

旦那さんなど家族にお風呂をお願いできるならば、負担が一気に減るからです。

我が家は毎日20時頃と決めました。

ネントレルール④:夜は21時までに消灯

毎日決まった時間に、寝る前の授乳をして暗くした寝室で寝かしつけ

上手く寝てくれたら、晴れて自由時間に。

実際はそう上手くはいきませんが、自由時間を夢見て頑張りましょう。そういう日は必ず来ます!

ネントレルール⑤: 夜間授乳は4時間おきで2回を目指す

寝る前の授乳はたっぷり飲んでもらって、すぐにお腹が空かないようにします。

夜間に授乳で起こされる回数が減ると、ずいぶん体が楽に感じます。

生後1ヶ月は夜勤(夜中の赤ちゃんのお世話)は2回を目指しましょう

新生児・生後1ヶ月『ゆるジーナ式ネントレ』スケジュールの作り方

ゆるっとネントレ スケジュール

新生児や生後1ヶ月の『ゆるジーナ式ネントレ』のスケジュールを作るには、3つのステップを踏みましょう。

STEP1:夜間の睡眠とお風呂の時間を決める

まずはライフスタイル合わせて、1日のスケジュールの基準となる起床・お風呂・就寝の時間を決めます。

この3つは毎日守れるようにしたいですね。

スケジュールの例
  • 07:00 起床
  • 20:00 お風呂
  • 21:00 就寝

STEP2:授乳の回数を決める

赤ちゃんの授乳間隔に合わせて、起床・お風呂・就寝の間にそれぞれ何回授乳をするか決めましょう。

スケジュールの例
  • 07:00 起床
  • (13時間の間に授乳を4~6回設定)
  • 20:00 お風呂
  • (寝る前に授乳を設定)
  • 21:00 就寝
  • (夜間の授乳は2回を目指す)

STEP3:授乳の時間を決める

最後に授乳の時間を設定して、スケジュール作り完了です。

授乳時間はあくまで目安で、その日によって前後したり回数も増えたり減ったりしていました。

このあたりが『ゆるジーナ式ネントレ』といったところですね。

日中の寝かしつけは、ネムリラに頼っていることが多かったです。授乳後は入眠率も高めでした。

ネムリラ 電動ハイローチェア コンビ

コンビのネムリラ(オートスイング)は寝ない?口コミと効果を解説

生後1ヶ月『ゆるジーナ式ネントレ』の効果は?

生後1ヶ月の最初までは生活リズムを意識していなかったので、タイムスケジュールなんてありません。

良く言うと赤ちゃん主体。悪く言うと赤ちゃんに振り回されっぱなしです。

それが生後1ヶ月の終わりには…

自己流ゆるっとネントレ

毎日ほぼ21時寝てくれるようになりました!

画像のピンクの点が、横一直線になっているのがお分かりいただけると思います。

生活のリズムができたのか、お風呂上がりの授乳後に背中をさすっているだけで寝ることも。

そして、1度目に目を覚ましたのがブルーの点。

1番短いときでも1:30なので4時間半、長いときは3:30なのでなんと6時間半!

ひとてん
夜間にまとまって寝られるだけで育児が随分ラクになったように感じました!

赤ちゃん個人差があるのでもっと寝る子もいますが、完母の中では順調だと思います。

1ヶ月間の頑張りで、決まった時間にまとまって寝てくれるようになりました。

新生児のネントレはいつから?

新生児の間は、授乳や排泄の回数が多いためネントレのハードルは高くなります。

赤ちゃんやママの体調にもよりますが、生後1ヶ月頃からが始めやすいでしょう。

ただ、いつからスタートという決まりはないので、チャレンジしたいママはやってみてくださいね。

『ゆるジーナ式ネントレ』で赤ちゃんとぐっすり眠ろう

ジーナ式ネントレをアレンジした『ゆるジーナ式』を紹介しました。

ゆるジーナ式のポイント
● 起床と就寝の時間は一定に
● 1ヶ月続ければリズムができてくる
● ママのストレスになりすぎないように

スケジュールを決めて育児をするのは最初は戸惑いますが、次第に赤ちゃんもママもリズムに慣れてきて、楽メリハリのある生活に近づきますよ。

睡眠時間は赤ちゃんによって個人差が大きいので、無理のない範囲でタイムスケジュールを決めてチャレンジしてみてくださいね。

あわせて読みたい

食卓便

産後の冷凍宅配弁当おすすめ8選!1食500円で上の子供もOK

赤ちゃん

育児が楽になるのは何ヶ月?いつの時期か子育てママにアンケート