◆2021年1月版!全員もらえる無料プレゼント特集◆

1歳の子供や赤ちゃんがおもちゃに飽きる?脱マンネリのコツ

おもちゃ グループ分け


1歳の子供や赤ちゃんは、すぐにおもちゃに飽きてしまいますよね。

息子氏
どのおもちゃも飽きちゃったよ…
ひとてん
買ったの先週なのになぁ

1歳前後の子供は、1つの遊びに集中できる時間が短いので、このような悩みを抱えるママも多いのではないでしょうか?

我が家の息子も飽きっぽく、1つのおもちゃを30秒ほどで投げてしまうため、いろいろな対策を検討しました!

この記事では
おもちゃのグループ分けを紹介します
グループに分けるメリットを解説します
上手にグループ分けするテクニックをお伝えします

おうち遊びがマンネリ化して困っているママにおすすめの記事です。

1歳の子供や赤ちゃんがおもちゃに飽きるならグループ分け

おもちゃ 1歳

1歳の子供や赤ちゃんがおもちゃに飽きる対策として、グループ分けをしましょう。

子供のプレイスペースにあるおもちゃをグループ分けして、入れ替える手順は次の1~4です。

おもちゃのグループ分け
  1. プレイスペースのおもちゃを、AグループとBグループに分ける
  2. 2つに分けたおもちゃの半分は子供の目に付かないところに保管する
  3. 残りの半分のおもちゃは今まで通り、子供の遊びスペースに置いて遊ばせる
  4. 2週間後、今まで遊んでいたAグループと保管してあったBグループを入れ替える

おもちゃのグループ分けはたったこれだけ。

クローゼットや別室など、保管しておくおもちゃのスペースさえ上手く確保できれば、誰でも簡単にできちゃいます。

おもちゃをグループ分けするメリット

おもちゃ 1歳

おもちゃをグループ分けするメリットは次の3つです。

①:飽きていたおもちゃも新鮮な気持ちで遊べる

今まで飽きていたおもちゃも2週間ぶりに見ると、また新鮮な気持ちで遊んでくれるように。

おもちゃをグループ分けする1番のメリットは、この脱マンネリです。

1つずつ入れ替えるのではなく、おもちゃ箱や棚の中身をまるごと一新することで、まるでお友達の家に来たかのようなわくわくが待っています。

②:部屋が散らかる量が半分

飽きているおもちゃの場合は、とりあえず出してすぐに放置というのが良くあるパターン。

次から次へとおもちゃを出すものの長続きせず、部屋ばかりが散らかっていきます。

まだお口におもちゃを入れる赤ちゃんの場合は、全てのおもちゃを拭いたり洗ったりと、お手入れするのも大変。

グループ分けして半分にすると、メンテナンスも楽になります。

③:子供の成長が分かりやすい

毎日子供と一緒にいると、小さな成長を感じづらいもの。

遊びでも少しずつ上手になって、知らないうちにできていることって多いですよね。

いつもそばにいるママだからこそ感じにくい子供の成長も、おもちゃを2週間ぶりに出すと分かりやすいです。

2週間で子供はレベルアップしていて、前まで押せなかったボタンが押せたり、今までと違う遊び方をしたりします。

おもちゃをグループ分けするポイント

おもちゃ グループ分け

おもちゃをグループ分けするポイントは次の3つです。

①:なるべく均等になるように分ける

レゴブロックはA、ままごとセットはBのように、まずは大物のおもちゃを分けます。

同じ要領で、絵本や小さいおもちゃも、量や食いつきに偏りが出ないように均等にグループ分け。

偏りが出ると、戦力が少ないグループの週を乗り切るのが厳しくなります。

②:ピンチヒッターを2,3個用意しておく

おもちゃを分けた後は、それぞれのグループから2,3個ほどピンチヒッターとなるおもちゃを除けておくのがおすすめです。

ピンチヒッターはどうしても手が離せないときや、時間を稼ぎたいときに出すと一定の効果を発揮してくれます。

③:おもちゃが少なく感じる場合は調達する

2つに分けておもちゃがとても少なくなってしまった場合は、追加で購入したりして増やしましょう。

購入したくない場合は、手提げ鞄やオムツの袋など、子供に与えても問題がない日用品などでカサ増ししてもOK。

それでも1歳の子供や赤ちゃんがおもちゃに飽きた場合はレンタル!

おもちゃを分けても1歳の子供や赤ちゃんが飽きる場合は、レンタルサービスがおすすめです。

おもちゃのレンタル『イクプル』はお試し価格がお得な人気サービスです。

おもちゃのプロが子供に合ったおもちゃを選んで送ってくれるため、自分では買わないものが届いてマンネリ解消に繋がります。

また、おもちゃが増えすぎないので、保管場所に困っているママにもぴったりです。

おもちゃを分けておうち時間を少しでも楽しく

おもちゃのグループ分けは子供によって個人差はあるかと思いますが、息子には効果的でした。

新しいおもちゃを見たときのような嬉しそうな表情に、ママもニンマリです。

おもちゃに飽きられてしまっているママさん。一度、おもちゃをグループ分けして脱マンネリに挑戦してみてはいかがですか?

レンタルサービスで新しいジャンルのおもちゃを開拓するのもおすすめですよ。

合わせて読みたい

プライムビデオ

【1歳・赤ちゃん】Amazonプライムビデオおすすめ番組8選

ボーネルンド キッチンセンター

ボーネルンドのキッチンセンターは低い?口コミを1歳児ママがレビュー