うねりを抑えてサラ髪へ!エアグランを使った口コミ♪

転倒防止クッションはいらない派・いる派の意見を集約してみた

この記事では、転倒防止クッションはいらないのか、ネット上の声をまとめます。

転倒防止クッションは意味ないという意見もありましたが、クッションのおかげで怪我を防げたという人も!

転倒防止クッションは写真映えするので、可愛いデザインを選んでみてくださいね♪

  • 動物・天使・お寿司など可愛いデザイン
  • 人気商品をチェック!

転倒防止クッションはいらない派の意見

赤ちゃんを転倒から守ってくれる、転倒防止クッション。

いる・いらないの声が分けれるので購入するか悩みますよね。

はじめに転倒防止クッションはいらない派の意見からみていきましょう!

①:転倒防止クッションを嫌がる

転倒防止クッションがいらない理由の1つ目は、赤ちゃんが付けるのを嫌がってしまうということ。

せっかく用意した転倒防止クッション。

でも子供がイヤがって着けてくれない場合も多々あります。

大人からしたら頭をゴンッとぶつけられると困るけど、子供はそんなことお構いなし!

喜んで着けてくれる子もいれば、絶対拒否!という子もいるので難しいですね…。

②:転倒防止クッションはおでこは守れない

転倒防止クッションかいらない理由の2つ目は、おでこは守れないことです。

転倒防止クッションはリュックタイプのもの。

なので後ろに転んだときのケガを防止することはできても、前に転んだときには活躍できません…。

子供の転び方を観察してみて、前より後ろに転ぶことが多いようなら取り入れてみてもいいかもしれませんね♪

③:転倒防止クッションは買わずに床を工夫する

転倒防止クッションがいらない理由の3つ目は、床にマットなどを敷いて安全対策ができることです。

転倒防止クッションを着けてくれる子もいれば、イヤがる子もいると見てきました。

「使えるかわからないから購入を悩んでいる」という人は、転んでも大丈夫なように床にひと工夫する方法があります!

フローリングの上にクッション製のあるジョイントマットや、絨毯をひいておけばいくらか安心です。

家のすべてに敷くのは金銭面的にむずかしいので、赤ちゃんを遊ばせるスペース内だけでも用意できるといいですね♪

転倒防止クッションはいる派の意見

転倒防止クッションがいる派の意見をみていきましょう!

①:転倒防止クッションがないと怪我が心配

つかまり立ちや、あんよを覚えたての赤ちゃんはすぐに転びます。

よたよたと歩く姿がまた可愛いんですが、よろけて「アッ」と思ったときにはもう転んだ後…。

ガードが間に合わないこともありますよね。

そんなときに転倒防止クッションを着けていれば安心できますよ!

②:転倒防止クッションがあれば少し目が離せる

つかまり立ちができるようになった赤ちゃんは、さらに目が離せなくなります。

嬉しいことだけど、ママは大変!

「どうしてもやってしまいたい事がある」という時に転倒防止クッションを着けてくれると、少しだけでも目を離せるように。

もちろん転倒防止クッションがあるから目を離しても平気というわけではなく、目を離さないのが前提ですが、タイミングを見計らって使うのもいいですよね。

③:転倒防止クッションは可愛い

転倒防止クッションは、なんといっても着けたときの可愛らしさが魅力です!

ちいさな背中に転倒防止クッションを背負った姿は、赤ちゃんの可愛さが倍増します♪

いまは女の子向けの可愛らしいものから、男の子も女の子もいけるものまでたくさんの転倒防止クッションが揃っています。

メッシュ素材など、汗っかきの赤ちゃんのために通気性を考えて作られたものもあるので、気になる人はチェックしてみてくださいね♪

  • 動物・天使・お寿司など可愛いデザイン
  • 人気商品をチェック!

転倒防止クッションはいらないのかについてまとめ

転倒防止クッションはいらないのかについてまとめました。

  • いらない派の意見:子供が嫌がる、前に倒れたときに効果なし、床にマットを敷けばOK
  • いる派の意見:赤ちゃんを守れる、少しの時間でも目を離せる、可愛い

使える期間は短いものの、転倒防止クッションがあれば頭を打つリスクを減らせます。

購入しようか迷っている人は、いらない派の意見も参考にしながら検討してみてくださいね♪

  • 動物・天使・お寿司など可愛いデザイン
  • 人気商品をチェック!