【店舗拡大中】chocoZAPの口コミレビュー

トランポリンを子供に買うと後悔?デメリットを元に私が選んだのは…。

ジャンピングボード 1歳6ヶ月

この記事では、トランポリンを子供に買って後悔するのかについてまとめます。

トランポリンは、ケガの可能性がある・邪魔になるなどのデメリットがありますが、気に入る子供が多く、室内でも発散できて役立ちますよ♪

子供にトランポリンを買うなら、大人も一緒に使えて、跳ねすぎずに安全なジャンピングボードが後悔しにくくておすすめです!

トランポリンを子供に買って後悔したのか60人にアンケート

トランポリンを子供に買った人は後悔しているのか、アンケート調査をしました。

アンケート期間:2022年9月17日~9月18日
アンケート対象:トランポリンを子供に買った人
アンケート数:60人

結果を見ていきましょう!

トランポリンを子供に買って後悔した人は少数派

トランポリンを子供に買って
後悔しましたか?
全く後悔していない
25人(41.6%)
ほぼ後悔していない
24人(40.0%)
どちらともいえない
4人(6.7%)
少し後悔している
7人(11.7%)
後悔している
0人(0.0%)

トランポリンを子供に買った人の中で、「全く後悔していない」と答えた人が41.6%と一番多かったです。

「全く後悔していない」と「ほぼ後悔してない」を合わせると全体の80%以上で、トランポリンを買った人の多くは満足していることが分かりました。

とはいえ、60人のうち11人は、デメリットを感じています。

アンケートに寄せられた声を見ていきましょう!

トランポリンを買って後悔した人の声

トランポリンを子供に買って「少し後悔した」「どちらともいえない」と答えた11人全ての声を紹介します。

楽しく使えたのは良かったが、置き場所に困った。
(子供の年齢:3歳)

たまにしか使わないからなんとも言えない。
(子供の年齢:3歳)

トランポリンをとても楽しむので良かったですが、跳ねる音がうるさく、少し気になってしまうところがあるからです。
(子供の年齢:4歳以上)

スペースを取る。子供のテンションが上がってやりすぎてしまい、何度か危ない落ち方をしそうになった。
(子供の年齢:3歳)

ずっと他の部屋への騒音が気になっまだ子供が遊べる年齢にないからです。
(子供の年齢:1歳)

使わなくなってからは、途端に邪魔になる。起き場が場所を取ってしかたがない。
(子供の年齢:3歳)

危ない場面が何度かあって親が見ている時じゃないと遊ばせられないから。
(子供の年齢:4歳以上)

まだ子供が遊べる年齢にないからです。
(子供の年齢:1歳)

トランポリンのマットの隙間に足がはさまってヒヤッとする場面が何回もあったから。
(子供の年齢:3歳)

物が大きくて家の場所が狭くなった。
(子供の年齢:4歳以上)

初めは楽しんでいたが、すぐに飽きて使わなくなり、邪魔になったから。
(子供の年齢:4歳以上)

トランポリンを子供に買ってもすぐに飽きると後悔しがちです。

大きいので場所を取ってしまったり、安全面が気になると答えた人も。

子供によって好みも違うので、全員がトランポリンに夢中になるとは限りませんね。

トランポリンを買って後悔していない人の声

トランポリンを子度にも買って後悔している人もいましたが、満足と答えた人も多かったです。

アンケートの一部を紹介します。

トランポリンは運動負荷が高く、室内で遊べるから良い。子供は跳ぶの好きだから飽きない。
(子供の年齢:4歳以上)

雨の日など屋外で遊べない日でも子供達が楽しく運動できたため。
(子供の年齢:4歳以上)

トランポリンを使うと、全身運動が可能になるから。子供のバランス能力向上に役立った。
(子供の年齢:2歳)

運動になり体力消耗してお昼寝の寝付きがよくなりました。
(子供の年齢:1歳)

公園に行っても怖がりで砂場で遊ぶしかできなかったので、自信をつけさせてあげたくて始めたのです。
(子供の年齢:4歳以上)

体を動かすことが大好きな我が子で、特にジャンプが好きなのでトランポリンはもってこいだったから。
(子供の年齢:3歳)

大人にも使用できるトランポリンを購入したので、私も運動が出来て良かったと思います。
(子供の年齢:4歳以上)

子供は跳んだり跳ねたりが大好きなので、トランポリンを買って後悔していないという声が多かったです。

室内でも発散できて、運動能力も上がったとの子が多かったですよ!

大人も使用できるトランポリンを買うと、親子で運動ができるのでさらに満足度が上がります。

私もいろいろ迷った結果、おとなも使えてコンパクトなジャンピングボードを買いました!

この記事の最後のトランポリンを子供に買って後悔しないためには…で写真付きで紹介していますよ♪

トランポリンを子供に買って後悔する5つデメリット

トランポリンは子供に買って後悔しやすい5つのデメリットがあります。

アンケートの声を元にまとめました。

購入前にチェックしておきましょう!

①:使わないときに邪魔になる

トランポリンを室内に置くにはスぺースが必要です。

購入前に大きさを確認しておかないと後悔することになります。

家庭用のトランポリンのサイズは一般的に直径約1mほどですが、周りに物があると危ないのでさらにスペースを空けておく必要があります。

トランポリンは、一度組み立ててしまうと収納することは難しく、使わないときにはとても邪魔になってしまうんです。

置こうと思っているところにメージャーなどをあてて、設置したらどれぐらい場所を取るか確認してから購入したいですね。

意外と高さもあるので、圧迫感にも注意です!

②:ケガの可能性がある

家庭用のトランポリンと言っても、子供が使うと危険はつきものです。

トランポリンが楽しすぎて高く跳びすぎてしまうことも多いですよね。

着地に失敗したり、落ちてしまったりすれば捻挫やケガをする可能性があります。

また、トランポリンの金具でケガをしてしまうと後悔してしまいます。

子供はケガをしながら強くなるとも言われますが、できるものなら痛みは避けたいもの。

1~2歳がトランポリンを使うことについては、トランポリンは1歳・2際には危険?転倒や揺さぶられっ子症候群になる?でも紹介しています。

③:ジャンプの音が気になる

トランポリンでジャンプをすると、商品によっては音がかなりうるさいです。

スプリングのきしむ音やジャンプの振動はそれほど大きくなくても、トランポリンから床にジャンプする子も少なくありません。

近隣とのトラブルにならないかという心配が増えると、後悔してしまいます。

アパートやマンションの場合には特に、下の階に響いて迷惑になってしまうことがあるので、使い方や時間を考えなければいけません。

④:お手入れが面倒

トランポリンはすぐに買い替えることができないので、お手入れが必要です。

子どもが使うと汚れたり、使わないときには埃が溜まってしまうことも。

特に、トランポリンの下はこまめに掃除機をかけないと、埃が溜まるので要注意です。

トランポリンを掃除の度に動かしたり、拭いたりするのは意外と面倒で、ズボラな私のようなタイプは後悔しがちです。

使った後には片づけるなど、子供とルールを決めるのも良いですね!

⑤:飽きたらしばらくは放置される

はじめは楽しんでトランポリンをしていても、飽きてしまうことがあります。

子供が飽きてしまっても、トランポリンは大きいものなので、すぐに処分するのは難しいです。

また、クローゼットなどに収納もしづらいので、しばらくはそのままで放置という状態になってしまいます。

せっかく買っても放置されてる期間が長いと後悔しやすいです。

トランポリンで後悔しない!子供に与えるメリット

トランポリンを子供に買って後悔することもありますが、もちろんメリットも大きいことがわかりました!

  1. 運動能力がUPする
  2. 雨の日でも体を動かせる
  3. 室内遊具の中ではコンパクト

それぞれを見ていきましょう!

①:運動能力がUPする

トランポリンには怪我のリスクがありますが、運動能力のUPには欠かせない存在です。

我が家の息子は体操教室に通っていて、そこにも大きなトランポリンがあります。

  • 体幹が鍛えられる
  • バランス感覚が養われる
  • 持久力が付く

トランポリンは空中にジャンプすることで、体幹が鍛えられてバランス感覚が身に付きます。

体幹が鍛えられると身体能力がUPして、スポーツなどで有利に働くことが多いです。

また、トランポリンは短時間でも心拍数が上がりやすいので、続けることで持久力も身に付きますね。

②:室内でも体を動かせる

トランポリンを自宅に置くことで、子供が室内でも体を動かせるメリットがあります。

  • 雨や雪の日
  • 炎天下や真夏
  • 下の子の妊娠・産後

公園に行きたくても天候などによって、外遊びが難しい日も多いですよね。

そんなときでもトランポリンがあれば、子供のはしゃぎたい欲が少しでも満たされます。

いっぱい動いて夜も早く寝てくれると、親も助かりますよね。

③:室内遊具の中ではコンパクト

トランポリン以外にも室内遊具はたくさんあります。

  • ジャングルジム
  • 滑り台
  • ブランコ

室内乳ぐの主流は滑り台付きのジャングルジムですが、トランポリンと比べ物にならないぐらい場所を取ります。

ジャングルジムは置けないけれど室内遊具が欲しい人に、トランポリンはぴったりですよ!

トランポリンを子供に買って後悔しないためには…

トランポリンを子供に買って後悔しないためには、どんな商品を選ぶとよいのでしょうか?

ポイントは次の5つです!

実はこの5つを叶えてくれるのがジャンピングボードで、我が家はこちらを購入したので紹介しますね!

①:使わないときも邪魔になりにくい

ジャンピングボードはトランポリンに比べると、とてもコンパクトなサイズです。

高さが低くて軽いので、持ち運びや移動もラクラク。

縦にして壁に寄せておけば収納もできて、部屋がスッキリしますよ。

使いたい時に出して、使わないときは収納しておけるので邪魔になりません。

②:安全に使える

ジャンピングボード 1歳6ヶ月

ジャンピングボードは、体操選手が使う「踏切板」をもとに設計されたものです。

金属バネのトランポリンとは違い、特殊構造の4本足がスプリングの役目をしていて、空気の反動を使って飛び跳ねる仕組みになっています。

バネを使わないので反動力も弱く、ジャンプしすぎて飛び出してしまう心配はありません。

トランポリンよりは跳ねる力は弱いですが、しっかりジャンプすることができるので、安全な商品を探している人にぴったりです!

③:ジャンプの音が気になりにくい

ジャンピングボードはバネを使っていないので、トランポリンのスプリングのギシギシするような音はしません。

跳ね方も激しくないのでドンドン響くような音がしないというメリットがあります。

ジャンピングボードは、4隅の脚が空気抵抗を利用し跳ねる仕組みです。

音がまったくしないわけではなく、「シュコシュコ」と空気の抜けるような音がします。

トランポリンに比べるとジャンプの音が気になりにくいので、マンションや音が気になる過程でも使いやすいですよ!

④:お手入れが簡単

ジャンピングボードは四角いボード状なので、トランポリンのような金具やバネもなくシンプルな構造です。

お手入れもサッと拭くだけで完了。

細かいところをお掃除する必要がないので、お手入れもラクラクです♪

⑤:子供が飽きたら親のエクササイズにも

ジャンピングボード 大人

トランポリンは子供が飽きて使わないと後悔することになります。

ジャンピングボードなら子供が遊ぶだけでなく、大人も使用できます。

むしろ、大人が運動不足解消やダイエット目的で購入することも多い商品です。

「子供が使わなかったら私が頑張ろう!」と思って買いました!

テレビを見ながらでも運動できるので、運動不足解消に役立ちます。

大人も子供も飽きてやらないこともありますが、どちらかがやっていると楽しそうに見えてまたチャレンジできています!

私はトランポリンの類似品のジャンピングボードを子供に買って後悔していませんよ♪

トランポリンを子供に買って後悔するのかについてまとめ

トランポリンを子供に買って後悔するのかについてまとめました。

  • トランポリンは大きいので場所を取るし、飽きてしまうと放置されてしまう
  • 跳ねすぎるのでケガの恐れがある
  • コンパクトで扱いやすいものを選ぶならジャンピングボードがおすすめ

トランポリンは全身を使った有酸素運動ができて、子どもが遊ぶのにもピッタリです。

しかし、場所の確保やお手入れが必要だったり、飽きてしまったら持て余してしまいます。

ジャンピングボードなら場所もとらずにスッキリ!

大人も子どもも活用することができます。

収納力と安全性を求めるのであれば、ジャンピングボードを使ってみてくださいね♪

あわせて読みたい

ジャンピングボード 大人
トランポリン