【店舗拡大中】chocozapの口コミ

トランポリンは1歳・2歳の子供には危険?転倒や揺さぶられっ子症候群になる?

トランポリン

この記事では、トランポリンは1歳・2歳の子供には危険なのかまとめます。

トランポリンは通常の使用で揺さぶられっ子症候群にはなりませんが、跳ねたときに転倒してしまう危険はあります。

トランポリンを1歳・2歳から使うなら、周りに危険なものを置かずに大人が見守って使用したいですね♪

我が家は跳ねすぎないジャンピングボードを使っていますよ!

トランポリンは子供に危険なのか60人にアンケート

トランポリンは子供に危険なのか、アンケート調査をしました。

アンケート期間:2022年9月17日~9月18日
アンケート対象:トランポリンを子供に買った人
アンケート数:60人

結果を見ていきましょう!

トランポリンは1歳・2歳の子供には危険?

トランポリンで危険はありましたか?
(1歳・2歳)
何度もあった
0人(0.0%)
何回かあった
9人(66.7%)
ほぼなかった
5人(33.3%)
一度もなかった
0人(0.0%)

トランポリンを1歳2歳の子供に与えて危険があったかアンケートしたところ、「何回かあった」と答えた人が一番多かったです。

大きな怪我に繋がった人はいないものの、運動器具なのでヒヤっとする部分があるのは確かでしょう。

1~2歳は日常生活でも危険が多いもの。

小さい子供がトランポリンを使うときには、大人が必ずそばについて見守りながら楽しみたいですね。

トランポリンは3歳以上の子供には危険?

トランポリンで危険はありましたか?
(3歳以上)
何度もあった
4人(8.7%)
何回かあった
21人(45.6%)
ほぼなかった
18人(39.1%)
一度もなかった
3人(6.5%)

トランポリンは3歳以上になると危険が減るのかと調査しましたが、1~2歳とあまり変わらない結果になりました。

1~2歳にはなかった「何度もあった」「一度もなかった」という両極端な回答が増えています。

子供の性格によって安全に遊ぶ子と、活発な子に分かれてくるのでしょう。

年齢に関わらず、トランポリンは遊具なので危険があります。

大人が見守りながら、怪我のないように遊ばせてあげたいですね。

ちなみに我が家は落下や足が挟まる危険のない、ジャンピングボードを買いました。

2~3回落ちたことはあるものの、段差が低いので怪我にはなりませんでしたよ♪

子供がトランポリンで揺さぶられっ子症候群になる危険は通常ない

トランポリン

トランポリンの跳ねが原因で、揺さぶられっ子症候群にならないか心配になりますよね。

子供がトランポリンで揺さぶられっ子症候群になることは、通常ではありません。

揺さぶられっ子症候群は、激しく揺さぶることで赤ちゃんの脳に衝撃を与えてしまうことで、頭蓋骨と脳にすき間がある生後6ヶ月までの赤ちゃんに起こりやすいと言われています。

揺さぶられっ子症候群になるほどの揺れはとても激しい動きです。

  • 1秒間に3〜4回以上激しく揺らす
  • ガクンガクンと顎が胸につくくらいの強さで揺らし続ける

1歳・2歳の小さな子供が、自分の力だけでこのスピードは出せません。

ただ、大人の力が加わるときは加減が必要です。

大人が抱っこした状態で激しく跳ねると、揺さぶられっ子症候群にはならなくとも負担にはなります。

優しい跳ねで遊ぶように心がけましょう!

トランポリンで1歳・2歳の子供は転倒の危険がある

トランポリン

1歳・2歳の子供をトランポリンで遊ばせるときに、一番心配なのは転倒の危険です。

歩くのもおぼつかない時期なので、トランポリンのような不安定な場所に立っているのは大変。

頭が重いので、かんたんに転倒してしまいます。

3歳になるとトランポリンの危険もかなり軽減されますが、それでも注意は必要。

トランポリンで遊ぶときには目を離さないのはもちろん、万が一転倒してもケガをさせないように気をつけたいですね。

トランポリンで遊ばせるときの注意点
  • 周辺に物を置かない
  • 家具から離れた場所に設置する
  • 柔らかいマットなどを下に敷く

大人と手を繋ぎながらジャンプさせるなど、安全に遊ばせましょう。

トランポリンには危険の他にも買って後悔することもあるので、トランポリンを子供に買うと後悔?5つのデメリットと解決策もチェックしてみてくださいね♪

トランポリンの中でもジャンピングボードは危険が抑えられている

トランポリンの中でも「ジャンピングボード」は危険が抑えられたつくりで、安全性が気になる人におすすめです。

ジャンピングボードの特徴を見ていきましょう!

①:跳ねすぎない

ジャンピングボード 1歳6ヶ月

ジャンピングボードは、一般のトランポリンと比べて跳ねすぎません。

そのため転倒の危険が少なく、安全に遊べるのがメリット。

でも「あまり跳ねないと楽しくないのでは?」と気になる人もいますよね。

ジャンピングボードは、子供にとって程よい跳ね。

十分楽しめるように作られています。

②:高さが低い

ジャンピングボード

ジャンピングボードの脚の高さは12.5cmです。

一般的なトランポリンよりも低めなので、安心して遊ばせることができますよ!

高さが低いと安定感があるのも嬉しいポイントです。

小さい子供にとってはちょっとした椅子にもなるような高さなので、跳ねる以外の使い道もありそうです♪

③:フラットでつまずかない

ジャンピングボード

ジャンピングボードは跳ねすぎないから安心だと紹介しましたが、跳ねすぎないつくりのメリットは他にもあります。

ボードの表面がフラットなので、立ったままバランスが取りやすいのです。

よく見るトランポリンは丸型ですが、ジャンピングボードは四角形なのも安定感アップにつながっています。

天面マットには凹凸加工がされているので滑り止め効果も。

すべって落下する危険をなくしています。

ジャンピングボードも対象年齢は3歳~なので大人の見守りは必須

ジャンピングボード 子供
rakuten.co.jp

ジャンピングボードは、転倒の危険を考慮してつくられているとはいえ対象年齢は3歳〜です。

1歳・2歳の小さな子は、大人が見守りながら遊ばせるようにしたいですね。

また、上に兄弟がいる場合、上の子が遊んでいるときに下の子がトランポリンに近づいてしまうことも。

ぶつかったり、一緒に転倒してしまう危険があるので注意しましょう。

トランポリンは1歳・2歳の子供に危険なのかについてまとめ

トランポリンは1歳・2歳の子供に危険なのかについてまとめました。

  • トランポリンで揺さぶられっ子症候群には通常ならない
  • 転倒したときのために遊ぶ環境を整える
  • トランポリンで遊ばせるときは大人と一緒に
  • ジャンピングボードは危険が抑えられている

トランポリンは体幹が鍛えられるなど、遊ぶメリットがたくさんあります。

積極的に遊びに取り入れていきたいですね!

トランポリンが気になるけど、転倒が心配…という方は、ジャンピングボードをチェックしてみてくださいね♪

あわせて読みたい

ジャンピングボード 大人
ジャンピングボード 1歳6ヶ月