◆11月の全員もらえる無料プレゼント情報はこちら◆

乳腺炎で夜間断乳に失敗!生後9ヶ月の体験談と成功ための予防

断乳 ねんね


1歳が近づいてくると卒乳や断乳といったことを耳にする機会が増えてきます。

夜間の授乳を続けている場合は「そろそろ夜間断乳したいな」っと考えるママも多いのではないでしょうか?

ひとてん
夜間断乳は乳腺炎に注意です!
息子氏
2人で涙したのは苦い思い出だね

息子が生後9か月のときに夜間断乳をしましたが、乳腺炎になり1度目は上手くいきませんでした。

その失敗を活かして2度目の生後10ヶ月でのチャレンジは無事に成功!息子も朝までぐっすり眠るようになりました。

この記事では
夜間断乳を乳腺炎で失敗した体験談をお伝えします
乳腺炎にならないための対策を紹介します

母乳育児で夜間断乳をしようと思っているママにおすすめの記事です。

生後9ヶ月での夜間断乳の体験談(完母)

生後9ヶ月のときに夜間断乳にチャレンジした

失敗した体験談をお伝えします。

夜間断乳を始めた理由

私は産後から母乳の出が良く、完全母乳で息子を育ててきました。

完母の赤ちゃんは夜中に目を覚ましやすいといいますが、私の場合は本当にその通りで夜間授乳の毎日です。

ひとてん
生後9ヶ月になっても、1度も朝まで眠ったことがありませんでした

また、第二子を希望しているものの産後の生理が再開していなかったので、夜間の授乳をやめてホルモンバランスを変えたいとも思っていました。

そこで、1日3回の離乳食が順調で日中の授乳回数が減ってきていること、ストローマグでお茶も飲めていることから、夜間断乳を決意です!

夜間断乳の初日から順調

「最初の3日は泣くから覚悟だよ」っと言われてスタートした夜間断乳。

いつも通り、夜中の2時頃に息子が泣き始めました。いつもならここで授乳しますが、ぐっと我慢。

抱っこでないと泣き止まなくなっても困るので、背中をトントン。30分ぐらい泣き続けていましたが、心を鬼にしてお茶だけ飲ませて見守ります。

息子氏
泣き疲れたから諦めて寝るよ

2時間ギャン泣きという話も聞いていたので、1時間以内に寝てくれて助かったと思いました。

明け方5時頃にももう一度起きたものの、授乳はせずに朝を迎えることができました。生まれて初めての夜間授乳なしです。

息子は夜間授乳に成功しかけていた

夜間断乳を始めて3日連続、授乳なしでも夜を乗り切ることができました。

まだこのリズムに慣れていないのか泣いて起きるものの、少しずつ泣く時間も短くなるように。

ただ、ママはおっぽいを求めてくる息子を振り払ったり、授乳なしで寝かしつけたりと大変です。

「早く朝まで眠って欲しい」と願いながら、夜間断乳頑張っていました。

生後9ヶ月での夜間断乳の失敗は乳腺炎

順調に進んでいるかと思っていた夜間断乳ですが、失敗の原因は乳腺炎でした。

夜間断乳で乳腺炎になり母乳外来へ

夜間断乳をすると夜の授乳できない間に胸が張っていました。

我慢できる張りだったためそれほど気にしていませんでしたが、断乳開始3日目についに強い痛みを感じるように。

ひとてん
あまりの痛みに母乳外来を受診です

乳腺炎でおっぱいの根本(胸板近く)がつまって赤く腫れているとのことでした。

ここが乳腺炎なるのは、疲労・ストレス・睡眠不足などによって、血液循環が悪くなっていることが原因。

今まで一度も乳腺炎になったことがなかったので、やはり夜間断乳が負担になってしまったようです。

夜間断乳は失敗に終わった

乳腺炎を完全に治すには赤ちゃんに母乳を吸ってもらう必要があり、元の状態に戻るまでは張れば飲ませてくださいと言われました。

もちろん夜間断乳も中止です。

息子にも頑張ってもらってやっと成功しかけていた夜間断乳。

それが乳腺炎で失敗に終わってしまい、とても悲しい気持ちになりました。

【助産師に聞いた】夜間断乳の乳腺炎を予防する5つのポイント

断乳 ねんね

赤ちゃんを母乳中心で育てていたり、授乳間隔が空くと胸が張ったり母乳の出がいいと感じることがあるママは、乳腺炎に要注意です。

母乳外来で助産師さんに聞いた、夜間断乳で乳腺炎にならないための5つのポイントをまとめます。

完母・ミルク・混合のママに共通する、夜間断乳の事前準備の基本はこちらをご覧ください。

赤ちゃん 寝かしつけ

夜間断乳はいつから?メリットデメリットと5つの事前準備

夜間断乳を始めるタイミングを遅らせる

生後10ヶ月未満での夜間断乳は、精神的にも肉体的にもストレスになります。

ひとてん
もし挑戦する場合は親子ともに万全の状態のときに、心にゆとりを持って始めましょう

夜間断乳を始めるタイミングが早いほど、乳腺炎などのトラブルに繋がる可能性が高いです。

赤ちゃんが母乳を飲む量にもよりますが、夜間断乳で乳腺炎のリスクが低いのは1歳以降です。

また、冬の時期の断乳はウイルス感染を伴う場合が増えるので、より注意が必要です。

日中の授乳を母乳とミルクの混合にする

母乳が良く出るママは、日中吸わせると夜間も母乳がどんどん作られます。

母乳の生成量自体を減らすために、日中の授乳を母乳とミルクの混合にすることも対策の1つです。

急に母乳の量を減らすと逆に乳腺炎の危険があるので、少しずつがポイントです。

おっぱいが張るときは圧抜きや搾乳をする

夜間断乳をしておっぱいが張ってきた場合は、圧抜きや搾乳をすると乳腺炎のリスクが減ります

ただし、搾乳しすぎるといつまでたっても母乳の生成を抑えることができないので、やりすぎには注意が必要です。

母乳外来で指導を受ける

ミルクを足したり、搾乳をしながら夜間断乳を進めるのが心配なママは、母乳外来でおっぱいの状態を見てもらいつつ指導してもらうと安心

母乳の生成が多い場合は夜間のみの断乳は難しいので、母乳をストップさせて完全断乳を提案される場合も。

その場合は、日中の授乳はミルクに切り替えます。

パパや家族に夜間の赤ちゃんの対応を任せる

ママがおっぱいのケアや体を休めることに専念できるよう、パパや家族に夜中の赤ちゃんの対応をお願いするのが理想です。

息子氏
パパ3日間がんばって!

最初の数日をクリアすれば、赤ちゃんもおっぱいなしで眠ることに慣れてきます。

ゴールデンウィークや年末年始の休暇を使っての断乳はパパの協力を受けやすいですが、多くの病院が閉まるので要注意。乳腺炎になっても、おっぱいのケアをしてもらえません。

無理なく夜間断乳をして乳腺炎を防ごう

いかがでしたか?

私は息子が生後10ヶ月で夜間断乳にリベンジして、今度は成功することができました!

夜間断乳は赤ちゃんを寝かせることばかりに注意が向きがちですが、母乳育児のママは乳腺炎の危険もあります。

ママと赤ちゃんに合った方法・タイミングで無事に成功し、ぐっすり眠れることを祈っています。頑張ってくださいね。

あわせて読みたい

女の子 産み分け

女の子の産み分けに失敗しないたった2つの方法【保存版】

1歳 誕生日プレゼント 男の子

1歳の誕生日プレゼントは残るものを!おすすめのおもちゃ7選

PAGE TOP