【店舗拡大中】chocozapの口コミ

ピンクゼリーでダウン症?産み分けゼリーに障害の危険は…。

ピンクゼリー

この記事では、ピンクゼリー(産み分けゼリー)にダウン症や障害の危険はあるのか、安全性についてまとめます。

ピンクゼリーには副作用を心配する声が聞かれますが、実際は口に入れても問題ない天然成分で作られていて、ダウン症との因果関係はありません。

国内の産婦人科で取り扱いのあるピンクゼリーなら、安心して産み分けに挑戦できますね!

  • 満足度89%&三冠達成
  • 3つのお得なキャンペーン中

ピンクゼリー(産み分けゼリー)でダウン症や障害児が産まれる危険はある!?

ジュンビー ピンクゼリー 成功率

ピンクゼリーなどの産み分けゼリーを使うと、ダウン症や障害を持った子が産まれやすいという噂があります。

私も購入前にネットで「ピンクゼリー ダウン症」という検索ワードを見つけて不安な気持ちになりました。

詳しく調べてみたところ、ピンクゼリーは口に入れても大丈夫な天然成分でできていて、染色体異常を引き起こすような強い成分は入っていないことが分かりました!

ただ、ピンクゼリーを使っても使わなくても、障害を持って産まれてくる子はいます。

母親の年齢別のダウン症を出産する割合
  • 25歳:1/1250
  • 30歳:1/952
  • 35歳:1/385
  • 40歳:1/106

出展:厚生労働省の調査結果

母親の30歳では1,000人に1人だったダウン症の割合が、40歳になると100人に1人まで上昇しています。

産み分けゼリーを使う人は、2人目・3人目や高齢出産で「最後のチャンス!」という人が多いです。

年齢が上がるとダウン症のリスクも上がることは押さえておかなければなりません。

もちろんこれは、産み分けゼリーを使う使わないに関わらず、すべての妊婦さんに共通していること。

いくら安全性や満足度が高いピンクゼリーでも、女の子が産まれる確率を100%にすることや、ダウン症の子が産まれる確率を0%にすることはできません。

少しでも希望の性別を授かる可能性が上がるならチャレンジしたい!っと考えている人は、商品を知チェックしてみてくださいね!

実際に私も2人目に女の子が欲しくて産み分けに成功、ピンクゼリーを購入しましたよ。

  • 満足度89%&三冠達成
  • 3つのお得なキャンペーン中

ピンクゼリー(産み分けゼリー)とダウン症の因果関係がない理由

ピンクゼリー(産み分けゼリー)を使ってもダウン症や障害児のリスクは上がりません。

因果関係がない理由を見ていきましょう!

染色体異常が起こる原因は卵子形成の過程

妊婦

染色体異常やダウン症について、次のような報告があります。

最近のわが国の統計によると出生頻度は約 1000 人に 1 人です。ダウン症の発生頻度は母親の加齢とともに増加することはよく知られています。これは、母親の加齢に伴って卵子形成の過程で染色体の分離が上手くいかない頻度が増える結果と考えられています。

http://www.midorii-clinic.jp/

ママの年齢が上がると、ダウン症の子どもが産まれやすくなるのは良く聞く話ですよね。

注目すべきはその後の「卵子形成の過程で染色体の分離が上手くいかない頻度が増える結果」という部分です。

ダウン症は、卵子形成の時点の染色体異常が原因であることが分かります。

産み分けゼリーを使うのは卵子形成の後

ジュンビー ピンクゼリー レビュー

ピンクゼリーは仲良しのタイミングで膣内に注入して使います。

卵子形成は仲良しをする前にすでに行われるので、ダウン症と産み分けゼリーの使用の有無は関係ないですね。

ちなみに、ダウン症や障害を持った子が産まれる原因には、母親の年齢の他にも喫煙や飲酒などが挙げられます。

妊活中はなるべく栄養のある食事を心掛けて、睡眠や休養も十分に取りたいですね。

また、妊活中から葉酸を摂取することでダウン症の予防ができるとも言われています。

ジュンビーのピンクゼリーは2箱セットの購入で、葉酸サプリがおまけでついてきます!

希望の性別が産まれやすくなって、ダウン症の予防効果も期待できるので、産み分けゼリーと葉酸サプリを併用してくださいね!

  • 購入者満足度89%
  • 産婦人科医と共同開発

ジュンビーのピンクゼリーの3つの安全性

ジュンビー ピンクゼリー 口コミ 評判

ジュンビーのピンクゼリーは産婦人科医と共同開発された産み分けゼリーで、安全性と品質の高い商品です。

3つの安全性をチェックしておきましょう!

ピンクゼリーの安全性①:膣内に合わせたpH値や浸透圧

  • pH値:pH4.0(3.95±0.3)の弱酸性
  • 浸透圧:260~370mOsm
  • 粘度:なめらかな低粘度

産み分けゼリーのpH値は、酸性が強すぎると肌への刺激や男性の活動力の低下など、思わぬトラブルに繋がる恐れがあります。

適切なph値と膣内環境に合わせた浸透圧の、低粘度のゼリーでできています!

ピンクゼリーは、ママと赤ちゃんの体への優しさを最優先に考えられて作られていますよ。

ピンクゼリーの安全性②:口に入れても問題ない成分

精製水・グリセリン・ヒドロキシエチルセルロース・クエン酸ナトリウム・エデト酸にナトリウム・乳酸・パラオキシ安息香酸メチル・ヒアルロン酸ナトリウム

ジュンビーのピンクゼリーは全成分が公表されており、安心のパラベンフリーです。

天然成分などの原材料にこだわって作られているため、口に入ってしまっても問題はありません!

ピンクゼリーの安全性③:管理医療機関レベルの品質

ピンクゼリーは、管理医療機器の認証を取得できるレベルの工場で製造されています。

品質管理が徹底されているため、安心して使用することができますよ。

日本の専門会社だから実現できた品質のピンクゼリーで、産み分けに挑戦してみてくださいね♪

  • 購入者満足度89%
  • 産婦人科医と共同開発

ピンクゼリー(産み分けゼリー)の副作用?妊娠率は下がるのか

妊婦

ジュンビーのピンクゼリーを使うことで、妊娠率が下がる副作用があるという噂があります。

こちらは副作用というより、そもそも産み分けをすると、通常よりも妊娠しにくくなります

特に、女の子が産まれやすくなる排卵日2日前を狙って仲良しをするタイミング法を用いると、妊娠はしづらいです。

それ以外のタイミングは避けるか避妊することになるため、妊娠する確率は下がってしまうのです。

このように、男の子が産まれる機会を減らすことで妊娠しづらくなるため、速やかな妊娠か、男女の希望か、どちらを優先するか考える必要がありますね。

もちろん、産み分けをしていても一度で赤ちゃんを授かった人もいますよ!

ピンクゼリー(産み分けゼリー)の障害のリスクについてまとめ

ピンクゼリー(産み分けゼリー)の障害のリスクについて解説しました。

  • 産み分けゼリーはダウン症と因果関係がない
  • ジュンビーのピンクゼリーは産婦人科医でも使われている
  • ダウン症を予防するなら妊活中から葉酸サプリを飲む

産婦人科医と共同開発されたジュンビーのピンクゼリーで、安全に産み分けに挑戦してみてくださいね♪

  • 購入者満足度89%
  • 産婦人科医と共同開発

ピンクゼリーのリンク集
ピンクゼリーは効果なし?口コミと使い方を完全レビュー
ジュンビーピンクゼリーの成功率は?失敗の確率を下げる方法
産み分けゼリー比較!ピンクゼリーとベイビーサポートおすすめは?
ピンクゼリーでダウン症?産み分けゼリーの副作用や障害児のリスク調査
産み分けゼリー(ピンクゼリー)はどこで買える?薬局の市販を調査
ピンクゼリーの値段と購入方法|公式通販Amazon楽天
ジュンビーのピンクゼリーは返品返金キャンペーン|3つのお得を解説