健康的に痩せたい!ベースブレッドでダイエット

ベビーサークルはいつからいつまで使う?必要期間とテレビ前への変形

ベビーサークル プレイスペース


ベビーサークルの導入を検討するときに悩むのが、いつからいつまで使うのかということ。

息子氏
大きくて邪魔になりそうだし、必要期間が短いと買うか悩むよね
ひとてん
テレビ前に組み替えたりすると長く使えるよ!

息子が生後6ヶ月のときにベビーサークルを購入し、2歳を過ぎても活用している私が、いつからいつまで使うのか写真で解説します。

ベビーサークルはいつからいつまで使う?

ベビーサークルはいつからいつまで使うのか、月齢別の写真で見ていきましょう。

[生後7ヶ月頃]ベビーサークルの中で大半を過ごす

ズリバイができるようになって行動範囲が広がると、ベビーサークルが役立ちます。

生後6ヶ月でサークルを設置して、生後8ヶ月頃まではその中で自宅にいる時間の大半を過ごしていました。

180×180cmの大きいサイズを購入したため、大人も一緒に中に入って遊びます。

ベビーサークルの下には大判の木目調ジョイントマットを敷いています。

ジョイントマット 4枚

赤ちゃんのジョイントマットはいつから?どこまで敷くか写真で解説

[生後9ヶ月]ベビーサークルの中でも外でも遊ぶ

ベビーサークル あんよ

つたい歩きができるようになると、一緒にサークルの外で遊ぶことも増えました。

ベビーサークルとして使えるのは、つたい歩きやあんよを始める1歳前後まで。

それ以降は、サークル内では手狭になるため、組み替えをおすすめします。

[1歳以降]ベビーサークルでテレビをガード

ベビーサークル テレビ

つたい歩きやあんよができるようになると、テレビを触ったり、テレビ台に上る赤ちゃんもでてきます。

そんな危険がないように、ベビーサークルを組み替えてテレビをガードしておくと安心です。

このタイミングでキッチンに入れないように、ベビーゲートを購入しました。

ママトールベビーゲート 開放

クルーミーのママトールベビーゲート(西松屋)の口コミをレビュー

[1歳以降]一時避難用ベビーサークル

ジョイントマット 全面

テレビを4枚のパーツで囲うと、4枚が残るので小さいベビーサークルを作っておきましょう。

掃除や模様替え、トイレで目を離すときなど、一時的な避難用として便利に使えます。

[番外編]ベビーサークルを物干し代わりに

小さいサイズにしたベビーサークルを立てると、洗濯物や服を吊るすのに便利です。

そもそも立てて使うものではなく強度は不明なので、私のようなズボラ以外にはおすすめできません(笑)

ベビーサークルの3つのメリット

ベビーサークルを設置することには、3つのメリットがあります。

ベビーサークルのメリット①:プレイスペース内で遊べる

「トイレから戻ってくると赤ちゃんが椅子にぶつかって泣いていた」っというのはよくある話。

リビングにベビーサークルを設置しておくと、少し目を離すときでも安全です。

ベビーサークルのメリット②:危険なものに触れない

冷暖房器具やカーテン、ガラスの棚など、赤ちゃんの周りには危険がたくさん。

ベビーサークルを使うと、大人は他の場所を自由に使うことができて快適です。

ベビーサークルのメリット③:掃除が楽

赤ちゃんがズリバイを始めると、床のゴミやソファの下のほこりが気になってしまいます。

赤ちゃんのスペースを区切っておくと、サークル内を重点的に掃除すればよいので忙しい日でも楽チン。

ベビーサークルのおすすめはシンプルなデザイン

ベビーサークル 安全

日中過ごす場所としてベビーサークルを設置する場合は、シンプルなデザインを選ぶのがおすすめです。

楽しい仕掛けがついたベビーサークルもカラフルで可愛いのですが、用途が限られてしまうデメリットが。

おもちゃとして使う場合には良いでしょう。

我が家のベビーサークルは、180×180cmのジョイントマットにぴったりの大きいサイズ。

日中を過ごすサークルとして使う場合は、8枚のパーツを全て繋げて広くしておくと、大人も一緒に中に入れて便利です。

お友達が来たときも、赤ちゃん2人と大人2人なら入れるぐらい大きさです。

シンプルがおすすめの理由①:サークルから中や外が見えやすい

シンプルなデザインのベビーサークルは、赤ちゃんとママがお互い良く見えて安心。

おもちゃの死角になって赤ちゃんが見えないと、気になってしまうものです。

また、後追いが始まった赤ちゃんも、ママが見えないと泣いてしまうことがあります。

シンプルがおすすめの理由②:お値段が安い

育児にはたくさんお金がかかるので、なるべくベビーグッズの費用を抑えたいですよね。シンプルなデザインは10,000円以内で買えるものもあります。

シンプルがおすすめの理由③:組み替えて長く活用できる

サークルの役目を終えた後も組み替えて長く使えるのもメリット。

テレビのまわりをガードしたり、活用法は様々です。

ベビーサークルで赤ちゃんの空間を安全に

ベビーサークルについて解説しました。

ベビーサークルのポイント
● 赤ちゃんが動き出す生後6ヶ月頃から設置
● 1歳頃に伝い歩きやあんよを覚えるとテレビガードに組み替え
● シンプルなデザインが活用幅が広い

ベビーサークルは組み替えて使うことで2~3年は活躍します。

赤ちゃんの安全対策のために、導入を考えてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

イクプル 中身

イクプル(IKUPLE)の私の口コミ体験談!評判が本物かレビュー

ママトールベビーゲート 開放

クルーミーのママトールベビーゲート(西松屋)の口コミをレビュー