【店舗拡大中】chocozapの口コミ

産休までが長くてしんどい…働けない耐えられない場合の対処法

悩み

この記事では、産休までが長くてしんどいときの3つの対処法をまとめます。

体調が悪くて働けない場合には退職や休職の道もありますが、お金のことを考えると何とかモチベーションを保って乗り切りたいものですよね。

妊婦さんの声や解決策を見ていきましょう!

産休までが長くてしんどいと感じる妊婦さんは多い

妊娠すると身体的にも精神的にも変化があり、これまで通りに仕事をすることが本当に大変になります。

そのため、産休までの期間がしんどい…と感じている妊婦さんは多いです。

妊娠中はホルモンバランスの乱れなどで、通常時より疲れやすくなるもの。

出勤するだけで疲れるのは気のせいではありません!

それでも、何とか産休まで乗り切りたいですよね。

産休までが耐えられない場合の選択肢は3つ

産休までが長くて耐えられないときの対処法は3つあります。

産休までが耐えられないときの対処法
  1. 退職
  2. 休職
  3. 耐える

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①:母子を第一に考えて退職

辛くてこれ以上働けないと感じているなら、母子を優先して退職するという選択肢があります。

自分が動かないと仕事にならず、重いものを持ち上げるなどの妊婦には厳しい作業が多い…という人。

つわりが重くて起き上がるのも大変…という人。

妊娠中はとにかく体が第一です。

お母さんの体と赤ちゃんを大事にするためにも、退職を選ぶのも1つの判断でしょう。

②:理解のある職場なら休職

退職してしまうのはもったいない…と言う場合には、休職するという選択肢も。

会社に休職制度があるなら、利用できるか聞くだけ聞いてみましょう!

しかし、体調不良で突然の休みや遅刻・早退など、同僚に迷惑をかけているから「休職より退職したほうがいいのかも…」と悩むことがありますよね。

お休みすることで同僚に迷惑をかけてしまっても、それはお互い様です。

今は体を第一にお休みさせてもらい、復帰後に仕事で貢献しましょう。

③:産休までなんとか耐える!

退職や休職という選択肢がある中で、「産休までなんとか耐える!」と考える人が多いかもしれません!

そのためには、疲れを溜めないよう家に帰ったらしっかり休むことが大切です。

家事は家族に協力してもらったり、手抜きでも大丈夫。

有給が残っているようならうまく利用して、ムリのない範囲で働きましょう。

産休までがしんどいときに考えたい5つのこと

産休まで耐えようと思っても、しんどいのは事実ですよね。

次の5つを意識すると少しは楽になりますよ。

①:今頑張ると後々の生活(お金)が楽になる

多くの人が今後の生活やお金を目標に頑張っているのではないでしょうか。

産休まで働けたら、健康保険などの各機関から手当金が受け取れます。

出産〜育児期間中に受け取れるお金
  • 出産育児一時金(健康保険・国民健康保険に加入している人)
  • 出産手当金(勤務先の健康保険に加入している人)
  • 育児休業給付金(育休を取得・雇用保険に加入している人)

今後のお金の心配が少なくなると安心ですよね。

赤ちゃんが産まれると何かとお金がかかるので、安定の暮らしを目指して乗り越えていきたいですね!

②:働いていた方が太りにくい

妊娠中は食べた分だけ体重に出ます…。

ちょっと多めに食べただけで体重が増えてしまい、妊婦健診で指摘された人もいるのでは。

働いていれば、家にいるよりも運動量が増えるので太りにくくなります。

③:赤ちゃんが応援してくれている

しんどいときには赤ちゃんが応援してくれていると想像してみましょう。

自分に味方がいると思うと、辛いことも乗り越えられそうな気がしてきませんか!

胎動を感じながら仕事をする機会は多くありません。

今しかできない体験を、母子一体で乗り越えてくださいね。

④:産休までの日数をカウントダウン

産休までの出勤日をカウントダウンすると、モチベーションが保てますよ。

ただ、「残り50日!」なんて日数だと、逆に長く感じてしまうので、そんな時は「週末まで○日」というふうにカウントダウンして下さいね!

しんどいけどあと少し頑張れば産休!と楽しみを数えて乗り切りましょう。

⑤:本当に辛くなったら退職も求職もできる

しんどい産休までの期間ですが、頑張りたくても思うように働けなくなる場合があるかもしれません。

でも、そうなったら退職も休職もできます。

いざとなったときの道を用意しておくのは大切。

「本当に辛くなったら辞めればいいんだから、それまで頑張ろう!」

そんなイメージで産休目指して働いていきましょう!

産休までがしんどいときの対処法についてまとめ

産休までが辛いときの対処法についてまとめました。

産休までが長くてしんどいときの対処法
  • お母さんと赤ちゃんを第一にして退職
  • 休職制度があれば利用する
  • 産休まで何とか耐える

妊娠中は心身ともに変化しやすいので、無理はしすぎないように産休を目指しましょう。

私は家事が少しでも楽になるように宅配弁当も使っていたので、負担を減らしたい人はチェックしてみてくださいね。

食卓便