\ 最大8%ポイントアップ! /

妊娠線予防は普通のボディクリームでもなんでもいい?最強の商品をアンケート

妊娠線クリーム

妊娠線予防は普通のボディクリームでも効果は同じ?
ニベアの青缶やベビーローションでもなんでもいい?

この記事では、妊娠線予防は普通のボディクリームでも良いのかまとめます。

専用クリームは妊娠線予防の効果が高いと言われていますが、普通のボディクリームでも妊娠線ができなかった人もいます。

妊娠線予防をした100人に、使ったクリームやオイルと、妊娠線ができたかをアンケートしたので、最強の妊娠線予防はどれなのか結果を見ていきましょう!

普通のボディクリームの人気No.1

妊娠線専用クリームの人気No.1

タップできる目次

妊娠線予防で普通のボディクリームを使った人の割合

妊娠線予防に普通のボディクリームを使っても、肌に刺激が強くないものであればOKです。

妊娠線専用のクリームはたくさん発売されていますが、どれを使うか悩みますよね。

リアルな声を調査するべく、100人のママにアンケート調査をしました。

妊娠線予防に普通のクリームを使った人が半数以上

妊娠線予防に普通のクリームを使った人はどれぐらいいるのか、種類を聞いてみました。

アンケート期間:2023年4月4~5日
アンケート対象:妊娠線予防をした女性
アンケート数:100人

早速結果を見てみましょう!

妊娠線予防に使ったクリームは?
妊娠線の専用クリーム
39人(39%)
普通のボディクリーム
61人(61%)

妊娠線予防に普通のボディクリームを使った人は、100人中61人でした。

専用クリームを使っている人より、普通のボディクリームでケアしている人がやや多い結果になりました。

それぞれを選んだ理由を聞いてみました。

妊娠線予防に普通のボディクリームを使った理由

もともと妊娠する前から使っていたものだから。

量が入っていて普段使いもできて安いから。

人から何か塗った方がよいと言われたので家にあったもので使いました。

安いので、残りを気にせずたっぷり使えるから。

妊娠線予防に普通のボディクリームを使った人は、元々使っていて肌に合うという理由が多かったです。

妊娠中の肌はデリケートなので、今までと同じものはトラブルを気にせず使えますね。

また、値段が安くて惜しみなく使えるという声も多かったです。

特に妊娠後期はお腹が大きくなってクリームを使う量も増えるので、毎日のことを考えるとコスパが良い商品は魅力ですね。

普通のボディクリームの人気No.1

妊娠線予防に専用のクリームを使った理由

色々な妊婦向け雑誌に載っていたから。

SNSでの口コミや雑誌のランキングでいつも上位だったので選びました。

いろんな育児サイトに掲載されており、口コミが良さそうだったから。

先に妊娠、出産を経験していた姉からのお薦めでした。

妊娠線予防に専用にクリームを使った人は、口コミを参考にしていることが多かったです。

SNSや雑誌、知人のおすすめで商品を選んでいました。

人気商品を選ぶことで、安心して妊娠線ケアができます。

妊娠線専用クリームの人気No.1

妊娠線予防クリームは何でもいい?効果の違いを検証

妊娠線予防に普通のボディクリームを使っている人も多くいましたが、効果の違いはどうなのでしょうか?

妊娠線のできやすさに違いがあるのか、アンケート結果を発表します!

普通のボディクリームを使って妊娠線ができた人

普通のボディクリームを使って
妊娠線ができた?
全くできなかった
37人(60.7%)
少しできた
18人(29.5%)
できた
6人(9.8%)

普通のボディクリームを使っても妊娠線ができなかった人は、60.7%いました。

体質にもよりますが、普段使っているクリームで保湿をしっかりしていれば問題ないケースもあります。

一方で、「少しできた」と「できた」を合わせると39.3%の人が妊娠線ができた結果になりました。

妊娠線の専用クリームを使って妊娠線ができた人の割合

妊娠線専用のクリームを使って
妊娠線ができた?
全くできなかった
26人(66.7%)
少しできた
11人(28.2%)
できた
2人(5.1%)

妊娠線の専用クリームを使って妊娠線ができなかった人は、66.7%でした。

一方で、「少しできた」と「できた」を合わせると33.3%の人が妊娠線ができた結果になりました。

大きな差はないものの、やはり妊娠線の専用クリームの方が、効果があることが分かります。

妊娠線の専用クリームの方がやや妊娠線ができにくい

妊娠線専用のクリームと、普通のボディクリームで妊娠線ができた人の割合を比べてみましょう。

使った商品できた少しできた
妊娠線専用クリーム5.1%28.2%
普通のボディクリーム9.8%29.5%

妊娠線専用のクリームの方が、普通のボディクリームを使った人より妊娠線ができにくい結果でした。

ただ、この結果だけを見ると、思ったほど大差がないように見えます。

これは塗っている量や塗り方の違いが影響していると考えられます。

妊娠線専用のクリームは値段が高めなので、惜しみなく使うというより、大事に使っている人が多いです。

一方、プチプラの普通のボディクリームを使った人の多くは、安いのでたっぷり塗っていたことが妊娠線を予防できた理由です。

つまり、まとめると次のようになります。

  • 妊娠線専用のクリームの方が妊娠線予防に効果がある
  • ただし大切に使いすぎると保湿力が足りない場合も
  • コスパ重視なら普通のボディクリームをたっぷり塗って予防するのもあり

一番良いのは、妊娠線の専用クリームを「使い方」に書かれた分量でたっぷり塗ることです。

とはいえ、1本5,000円ぐらいのクリームを惜しみなく使うのは、どうしてもためらってしまう…。

妊娠線の専用クリームをケチって使うなら、普通のボディクリームをたっぷり塗って保湿するのもよいでしょう。

妊娠線のでき方には個人差もありますが、保湿力があって肌に合うと思う商品を選びたいですね。

普通のボディクリームの人気No.1

妊娠線専用クリームの人気No.1

妊娠線予防の普通のボディクリームはニベアが人気

妊娠線予防の普通のボディクリームは、次の3つが人気でした。

それぞれを使った人の口コミを見ていきましょう!

1位:ニベアクリーム

ニベアクリーム

妊娠線予防の普通のボディクリームを使っている人の多くが、ニベアを選んでいました。

一番人気は青缶で、次いでスキンミルクが人気です。

お風呂上がりに塗って、翌日の夕方くらいまで保湿は保たれていた印象です。塗った後のべたつきも気になりにくく、伸びも良いため、コスパも良いかと思います。

硬めのテクスチャーなので少し塗りにくいが、保湿はしっかりされます。コスパも抜群です。

妊娠中に妊娠線予防のために使えると謳っているボディクリームも使っていましたが、ニベアの青缶が安くて効果があると聞いて使いました。手軽に手に入ってたっぷり使えるのがよかったです。

妊娠線予防にニベアを選んだ理由としては、安くてたっぷり使えることです。

コスパ重視で惜しみなくケアしたいなら、ニベアを選びましょう!

2位:ジョンソンボディケア アロマミルク

ジョンソンボディケア アロマミルク

ジョンソンのボディケアアロマミルクを、妊娠線予防に使っている人も多かったです。

アロマミルクラインと、ワンランク上のプレミアムラインがあります。

コスパは割と安く良かったです。塗り心地も良かったし、香りも好きでした。

ドラッグストアで購入でき、ベタベタしないので使いやすい。

するっと塗り伸ばしやすく、フローラルで上品な香りがします。よく伸びるのでそこまで量を使うこともなく、長持ちしました。

普通のボディクリームなので、ドラッグストアでも買えます。

コスパがよいため、ケチらずに使えるのが人気です。

3位:無印良品 ホホバオイル

無印良品 ホホバオイル

無印良品のホホバオイルを妊娠線予防に選んだ人もいました。

妊娠線予防だけでなく、会陰マッサージに無印を使っている人もいます。

保湿力がとてもあって値段も安かったのでたくさん塗ることができた。

無臭で良かったと思います、コスパ最高です。

伸びが良く全身に使用でき保湿力も高くコスパもよかった。

クリームよりオイルが好みの人は、無印のホホバオイルを試してみましょう!

妊娠線予防の専用クリームの最強は?

妊娠線予防の専用のクリームは、次の5つが人気でした。

それぞれを使った人の口コミを見ていきましょう!

1位:ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム

ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム

妊娠線予防の最強は、ママ&キッズ「ナチュラルマーククリーム」でした。

SNSや雑誌の広告、サンプルなどで知名度が高く、選んでいる人が多かったです。

値段はそこそこするけれど、ベタつきが嫌いな私でも使いやすく伸びも良いので、1日1回、風呂上がりにしか使わなかったけれど保湿力はとても良く、双子妊娠の大きなお腹でも妊娠線が全く出来ず、満足の品だった。

よく伸びるテクスチャーで使い心地が良かったです。しっとり感が長持ちして乾燥が気になりませんでした。かなり高保湿で良かったです。

保湿力はかなりのもので、妊娠線はできませんでした。さらにベタつきも気にならなかったです。しかし、金額的にはやや高でもう少し安くなると嬉しいです。

ママ&キッズは、保湿力の高さとベタつかない伸びの良さが人気でした。

高保湿で妊娠線ができなかったとの声が多かったです。

2位:ピジョン ボディマッサージクリーム

ピジョン ボディマッサージクリーム

妊娠線予防クリームのコスパ最強は、ピジョンのボディマッサージクリームです。

大容量で伸びが良く、価格が安いので躊躇なく塗れました。ベタつかず程よくしっとりという感じでした。

保湿力が高くてべたつかず低刺激だったので毎日手軽に使えました。

普通のボディ用保湿剤よりも、濃い感じがした。塗っているときも気持ちが良かった。

妊娠線予防の専用クリームは値段が高めな商品が多いですが、ピジョンは大容量でたっぷり使えます。

3位:WELEDA(ヴェレダ)マザーズ ボディオイル

ヴェレダ

妊娠線予防の最強の3位はヴェレダでした。

妊娠線オイル部門では一番人気で、使い心地が良いと高評価でした。

ヴェレダ

アーモンド油やホホバ種子油などの天然由来成分が使われています。

良い香りも特徴で、香料も香料も天然製油由来のものですよ。

塗り心地がよく、香りがきつくないので後づわりでも気にせず使用することができた。

友人からのプレゼントでもらい、本やネットでよく紹介されていたから使ってみた。塗り心地、香りがよかった。

香りもよく、しっかり伸びて使いやすかったです。

ヴェレダは香りの良さと塗り心地が人気でした。

  • 通常購入とお得な定期便が選べる
  • 妊娠中のお腹まわりの肌や産後の肌の引き締めに

4位:ノコア ファーストケアセット

ノコア浸透ケアセット
写真は産後向けの浸透ケアセットです。

妊娠線予防の最強4つ目は、NOCOR(ノコア)のファーストケアセットです。

ノコアは、妊娠線や肉割れに悩む人からの絶大な支持を集めていますが、実は産前からケアできるセットもあります。

  • ブースター導入オイル:肌の角質層まで届ける
  • クリーム:最先端の保湿成分

肌の上からクリームを塗るだけでは、角質層まで浸透しないことが多いです。

ノコア浸透ケアセット
ノコアの妊娠線オイルは滑りが良くてベタつかないので使いやすいです。

ブースター導入オイルで肌を柔らかくすることで、すーっとクリームの保湿成分が入っていきます。

オイルはテクスチャーが絶妙で、気持ちよくマッサージができてべたつきも気になりません。

ノコア浸透ケアセット
ノコアの妊娠線クリームはこっくりしたテクスチャーです。

オイルを塗ってから妊娠線クリームをお腹全体に広げます。

塗っている時点で「これは効果がありそう!」と期待できる最強さですよ。

8つの自然由来成分配合で、妊娠中のお肌に優しいのもポイントです。

できてしまった妊娠線に対しても、「ノコアはひどい場合も効果あり」と評判です。

万が一に妊娠線ができても、産後に引き続きケアすることでどんどん薄くなりますよ。

私は妊娠してできた正中線*が気になっていたのですが、ノコアを使ってほぼ分からないレベルまで薄くなりました!

ノコアの販売店舗はごく一部にありますが定価販売で、お値段が高めなことだけが唯一のデメリットです。

添加物が控えめで、香りや肌触りに刺激性がないのがよかったです。

保湿力が高くて、塗り心地がサラサラして気持ち良い。

公式の特設ページなら初回75%OFFで購入できてコスパ抜群で、返金保証もあるので安心して始められますよ!

  • 30日間の返金保証付き
  • 初回限定75%OFFの2,980円

5位:ベルタマザークリーム

ベルタマザークリーム

妊娠線予防の最強5つ目は、ベルタマザークリームです。

ベルタと言えば葉酸サプリで有名なブランドで、肌にやさしいオーガニックのボディケアクリームも人気があります。

  • オーガニックのボタニカル原料
  • スーパーヒアルロン酸、馬プラセンタエキス、魚由来のコラーゲンをプラス

ベルタマザークリームは産前産後はもちろん、赤ちゃんにも使えるほど安心な成分です。

ベルタマザークリーム

ベルタマザークリームのテクスチャは柔らかくてトロッとしています。

手の甲にのせるとするりとたれてきてしまいそうなぐらいサラサラです。

お腹に圧をかけることなくスーッと伸ばせるのが使いやすいです。

友達にすすめられて使いました!

良く伸びて使用感がよかったと思います。

産後にも赤ちゃんと同じケアができるのは最強なので、葉酸サプリと合わせて手に入れたいアイテムといえます。

  • 初回68%OFFの2,178円
  • オーガニックでママと赤ちゃんに優しい

妊娠線予防はいつから始めるべき?

妊娠線予防はいつから始めるか悩みますよね。

妊娠線予防をした100人の女性にアンケートをしました。

結果は次のとおりです。

妊娠線予防はいつから始めた?
妊娠初期
35人(35%)
妊娠中期
59人(59%)
妊娠後期
6人(6%)

アンケートの結果、妊娠中期からと答えた人が一番多かったです。

妊娠初期から予防をしている人も3割以上いて、早めからの対策を心がけている妊婦さんが多いですね。

つわりは終わりかけがしんどいので、妊娠線クリームの匂いがダメなら無理をせず、治まってからケアを始めるのもよいですね。

グレープフルーツの香りが使いやすいと人気のベルタクリームもおすすめです。

妊娠線予防に普通のクリームを使ってよいのかまとめ

妊娠線予防に普通のクリームを使ってよいのまとめました。

  • 妊娠線予防に普通のクリームを使っている人は半数以上
  • 惜しみなくたっぷり使えるのがメリット
  • 妊娠線予防の効果は専用クリームの方が高いがケチると保湿力不足に

自分にあった妊娠線クリームを見つけて、予防してみてくださいね!

普通のボディクリームの人気No.1

妊娠線専用クリームの人気No.1

-PR-

タップできる目次