【日本上陸】Temuのクーポン・お得情報

ベビーフードだけで育てた!市販の離乳食ばかりは影響やデメリットがある?

離乳食

ベビーフードだけで育てたいけどデメリットはある?
市販の離乳食ばかりの影響が心配…
ベビーフードのみの献立は?

この記事では、ベビーフードだけで育てたら影響があるのかまとめます。

ベビーフードは赤ちゃんの月齢に合わせた離乳食を簡単に与えられるので、手作りが苦手なママや、仕事や子供との時間を大切にしたママにも選ばれています。

市販のベビーフードばかりのデメリットには鉄分不足が挙げられるので、鉄分入りのベビーフードやパウダーを取り入れるのもおすすめです。

鉄分入りシリーズ

タップできる目次

ベビーフードだけで育てた子の影響は少ない

ベビーフードだけで育てた子は、何か影響があるのか気になりますが、実際は手作りと大きく変わりません。

順番に見ていきましょう。

①:兄弟で一人だけベビーフードでも同じように育つ

きょうだい

ベビーフードだけで育てた子は、育ちが悪かったり、後々の能力や体力に違いが出ることは少ないです。

よくあるのが、一人目は丁寧に離乳食を手作りしたものの、2人目・3人目はベビーフードに頼りすぎになるパターンです。

5歳・2歳・0歳の3兄弟だと、5歳と2歳には幼児食を作って、赤ちゃんの離乳食も作るとなると時間がありません。

一番下の子はベビーフードだけで育てたのに、なぜか一番大きくて元気!というのは珍しくないです。

逆に丁寧に分量を量って、手作り離乳食で育てた上の子が、思うように身長が伸びないこともあります。

同じママが手作りとベビーフードだけで育てた子も、大きな違いはなく育っていくのが一般的です。

②:そもそも偏食で離乳食を全然食べない子もいる

離乳食

ベビーフードだけで育てたら悪影響か…というのは、そもそも幸せな悩みでもあります。

何をしても離乳食を食べてくれず、試行錯誤して手作りしたり、ベビーフードもいろいろ試したものの、ほぼ離乳食を食べずに幼児食に移行した子もいます。

今まで母乳を飲んでいた赤ちゃんが、大人のご飯に近づいていくための過程が離乳食です。

ベビーフードだけでも何でも、とりあえず離乳して幼児食に移行できれば大筋は問題なしです。

ただ、細かい面でみるとベビーフードだけで育てたデメリットはあるので確認しておきましょう。

離乳食が市販のベビーフードばかりのデメリット

離乳食が市販のベビーフードばかりのデメリットは次の3つです。

それぞれを見ていきましょう!

①:市販のベビーフードが合わない子もいる

市販のベビーフードばかりのデメリットは、市販品が合わない子もいることです。

「手作りは食べないけれどベビーフードは食べる」という子がいる逆で、市販のベビーフードを嫌う子もいます。

赤ちゃんはとろみをつけると食べやすいと言われていて、ベビーフードの多くは「でん粉」を使ったとろみがあります。

また、手作りとは違う味わいが合わない子もいるため、ベビーフードの食いつきが悪いなら、手作りを与えることも試した方がよいかもしれません。

②:手作りよりお金がかかる

市販のベビーフードばかりだと、手作りよりお金がかかります。

特に離乳食後期は、お粥を食べる量が増えてくるので、お粥だけでも手作りした方が経済的です。

とないえ、今はお金よりも時間が大事…と考える人も多い時期なので、負担にならない方法を選ぶのが良いでしょう。

③:鉄分が不足する

市販のベビーフードのデメリットは、意識しないと鉄分が不足することです。

ベビーフードだけでなく手作りも同じですが、生後6ヶ月以降は意識しないと鉄分不足になります。

鉄分の1日の推奨量は次のとおりです。

年齢男子女子
0~ 5(月)
6~11(月)5.0mg4.5mg
1~ 2(歳)4.0mg4.5mg
3~ 5(歳)5.5mg5.5mg
18~29(歳)7.0mg6.0mg
(月経なし)
厚生労働省

生後6ヶ月までの赤ちゃんは、産まれたときからの貯蔵鉄を使うため、鉄分の摂取は不要です。

生後6ヶ月以降は一気に鉄分の推奨量が4.5~5.0mgに増えます。

残念ながら、母乳の栄養素にはほぼ鉄分はありません…。

20歳の男女でも6.0~7.0mgなのに、離乳食期の赤ちゃんが4.5mgの鉄分を摂ろうと思うと、かなり意識しないと不足することが分かりますね。

4.5mgの鉄分は、ゆでたほうれん草の2.5束(2.5袋)に値する量です。

幼少期の鉄分不足は後の学力にも影響すると言われているため、ベビーフードを取り入れるときには鉄分4.5mgを意識して献立を考えたいですね!

離乳食のベビーフードのみの献立は鉄分をプラス

離乳食のベビーフードのみの献立は鉄分をプラスできるようにしましょう!

これらを使った献立を紹介します。

①:鉄分入りのベビーフード

キューピーや和光堂などのベビーフードメーカーからも、鉄分入りの商品が出ています。

これらを利用して献立に鉄分を入れるようにしてみましょう!

【キューピー】1食分の鉄分入りシリーズ

キューピー  鉄分入りベビーフード
月齢7ヶ月ごろ~
9ヶ月ごろ~
12ヶ月ごろ~
鉄分量1.0~2.5mg

キューピーの1食分の鉄分入りシリーズは、月齢ごとに合った形状のベビーフードが10種類以上あります。

生後7ヶ月ごろからの「こだわりのひとさじ 鶏レバーと緑黄色野菜」は、1瓶で2.5mgの鉄が摂れます。

12ヶ月以上のにこにこボックス(2段弁当)まで鉄分シリーズが揃っているので、こちらを利用するのがおすすめです。

【ピジョン】かんたん粉末+鉄

ピジョン 鉄分入りベビーフード
月齢5ヶ月~
7ヶ月~
鉄分量(1食)0.02~1.0mg

ピジョンの人気の「かんたん粉末」シリーズに「+鉄」の商品があります。

生後5ヶ月から使える「和風だし」や「野菜スープ」は、お粥に混ぜるだけで0.021~0.05mg鉄分を摂取できます。

7ヶ月からの「クリームソース」や「トマトソース」は、1食で1.0mgの鉄分が摂れますよ。

【和光堂】はじめてのシリアル 8種の緑黄色野菜

和光堂 鉄分入りベビーフード
月齢12ヶ月~
鉄分量(1食)0.8mg

和光堂の「はじめてのシリアル 8種の緑黄色野菜」は、1歳から食べられるシリアルです。

1食の鉄分量が0.8mgなので、朝食やおやつに食べると鉄分を補えます。

和光堂の離乳食は危険が少ないので、鉄分以外も取り入れやすいですね。

②:乳幼児向け鉄分パウダー

離乳食のベビーフードのみの献立は鉄分をプラスするのが難しければ、鉄分パウダーを混ぜるのもおすすめです。

はぐくみ太郎

はぐくみ太郎
月齢7ヶ月ごろ~
鉄分量(1日)0.24mg

はぐくみ太郎は、特別飼育鶏の鶏レバーパウダーで、生後7ヶ月ごろから使えます。

パウダー状なので、お粥やスープ、ベビーフードに混ぜるだけで簡単に与えられます。

レピールまめ鉄

レピールまめ鉄
月齢1歳ごろ~
鉄分量(1日)4.5mg

レピールまめ鉄は、オーガニック大豆生まれの無添加の鉄分サプリです。

鉄分を含むベビーフードは、1mg以上の鉄分が摂れるものが少ないですが、レピールまめ鉄は小さじ1/4で4.5gの鉄分が摂れます。

鉄分入りのベビーフードをどうするか考えるのが大変と感じる人は、1日1回レピールまめ鉄を混ぜると一気に解決します!

値段が高めなこと以外にデメリットはないので、我が家も使っていますよ。

  • 初回限定63%OFF・継続しばり無し
  • 無添加で高品質なフェリチン鉄

ベビーフードだけで育てたデメリットについてまとめ

ベビーフードだけで育てたデメリットについてまとめました。

  • ベビーフードだけでも手作りの子とそれほど差がなく育つ
  • 意識しないとベビーフードでは鉄分が不足しがち

鉄分を意識ながらベビーフードを活躍させましょう!

鉄分入りシリーズ

タップできる目次