【日本上陸】Temuのクーポン・お得情報

生ゴミ処理機ルーフェンの口コミ・評判|デメリットをアンケートした結果

ルーフェン

ルーフェンの口コミは良い?
生ごみ処理機のデメリットは?

この記事では、生ゴミ処理機loofen(ルーフェン)を使った私の口コミやデメリットをまとめます。

実際に使っている9人にアンケートしたところ、本体代金やランニングコストがデメリットとして挙がったものの、臭いやゴミの削減効果の評価はよく、満足度は高かったです。

私もルーフェンを使うとゴミ袋が減らせて消臭スプレーもいらなくなり、なによりゴミのニオイのストレスがなくなって大満足でした!

公式ストアでは限定10,000円OFFクーポンがもらえるので、購入は公式に決まりです♪

  • 世界100万台超の大ヒット
  • 生ごみを77%削減して悪臭なし
↑クーポン「loofen」で10,000円OFF

助成金制度の利用でお得

1~4万円の助成金が出る自治体も

ルーフェン購入後に
領収書を自治体に提出

ルーフェンの助成金


\公式サイトで助成金をチェック/

>> 生ゴミ処理機 Loofen <<

タップできる目次

ルーフェンとは?

ルーフェン
商品名loofen(ルーフェン)
価格64,680円(税込)
割引公式限定10,000円OFFクーポン
容量5L
サイズ
[フィルター込]
270mm(W)× 275mm(D)× 350mm(H)
[270mm(W)× 380mm(D)× 350mm(H)]
処理方式乾燥式

ルーフェンとは、ボタン1つで生ゴミを乾燥できる家庭用の生ゴミ処理機です。

使って分かった概要をサクっとまとめます。

  • パーツが少なくて使い方が簡単
  • 本当にゴミがパリパリで臭わなくなる
  • カートリッジの交換が半年に1回は必要
  • 追加でゴミが投入できてストレスなし

生ゴミ処理機というと難しそうなイメージでしたが、ルーフェンは説明書を見なくても使い方が分かるぐらい簡単でした!

カートリッジの交換が必要なデメリットはありますが、本当にゴミが乾燥で小さくなってニオイも気になりませんよ。

生ゴミのストレスから解放されたいなら、ルーフェンを導入してみてくださいね♪

  • 世界100万台超の大ヒット
  • 生ごみを77%削減して悪臭なし
↑クーポン「loofen」で10,000円OFF

ルーフェンの悪い口コミ・評判

ルーフェンの悪い口コミやデメリットは、購入を検討しているときに一番気になりますよね。

実際にルーフェンを使っている9人にアンケートをしました。

アンケート期間:2023年6月7~11日
対象者:ルーフェンを使ったことがある人
回答数:9人

9人が感じたデメリットを全て見ていきましょう!

①:値段が高い

お金

値段が高いので買うまでに少し悩む時間が必要になったことです。(子持ち夫婦)

ルーフェンの販売価格は64,680円なので、即決はしにくい金額です。

ごみ処理や悪臭に悩むのは嫌…と思いつつも、もう少し安かったらよいと感じている人は多いでしょう。

ちなみに、公式サイトには10,000円OFFクーポンがあり、分割払いの場合は月々2,033円です。

毎月2,000円でゴミのストレスから解放されると思うと、購入する価値がありますね!

②:消耗品や電気代のコスパが悪い

ルーフェン

私からしたら、悪臭と虫のストレスを思えば全然お安いですが、強いて言えばランニングコストがかかることでしょうか。活性炭フィルターを3ヶ月に1回を目安に交換してやらないとなんです。1本、2500円~3000円するので、お高く感じます。(子持ち夫婦)

思っていたよりも本体価格が高く、消耗品のカバーもコスパが悪いと感じる。(子なし夫婦)

水分の切り具合や入れる量にもよるが、毎日使うものなので意外と電気代がかかる。(子持ち夫婦)

ルーフェンは本体価格の他に、消耗品や電気代がかかるデメリットがあります。

ランニングコストは次のとおりです。

電気代20円/1日
フィルター4,574円/3~6ヶ月
バスケットカバー必要に応じて

電気代とフィルター交換の費用は必ず必要で、1日あたり40~60円ぐらいかかります。

冬などで使用頻度が少ないときは、フィルターの交換頻度も下がります。

バスケットカバーはあればお手入れが楽になりますが、私は使っていませんでした。

ゴミは間違いなく減るので、ゴミ袋が有料の自治体の家庭であれば、ランニングコストが賄える可能性もありますね!

③:使用後の手入れが手間

ルーフェン

使用後の汚れ掃除の手間が少し億劫に感じます。(子なし夫婦)

特に悪い点はないのですが、少し使っていると縁に色がついてくる点が悪かったです。(単身)

ルーフェンは構造がシンプルなのでバスケットのゴミを捨てて、軽くすすげばお手入れ完了です。

ゴミはパリパリになっているので、生ごみのベチャっとした不快感はありません。

週1ぐらいはスポンジなどでキレイに洗っておくと清潔が保てますが、ちょっと面倒に感じるときもあるのは確かです。

お手入れを楽にするなら、バスケットカバーを買えば、カバーを捨てるだけでOKです。

④:サイズが大きい

ルーフェン

気になる生ゴミの臭いは、本体裏側に取り付ける活性炭フィルターのおかげで、全く気になりません。 とてもありがたいフィルターですが、ぶっちゃけゴツいです。(子持ち夫婦)

思ったより大きかった点でしょうか。私の家の生ゴミの排出量からするともう一回り小さくてもよかった。(子持ち夫婦)

ルーフェンは本体の後ろに脱臭フィルターを付けます。

本体自体はそれほど大きくありませんが、フィルターの分で奥行きが10cmぐらい増えます。

購入前に38cmの奥行きを置いて、どれぐらい前にせり出すか測っておいた方がよいです。

問題なく置ければ購入、狭いと感じればバスケットだけをキッチンにおいて、ルーフェンは本体は別室に置くことも検討です。

ルーフェン

我が家の賃貸マンションでは圧迫感を感じたので、バスケットのみがキッチンにあります。

ゴミを全部入れ終わったら、納戸でルーフェンを稼働されていますよ。

⑤:デザインのバリエーションが少ない

ルーフェン

個人的には、見た目にもう少しバリエーションがあったらと思います。見た目はあまり好みではありません。(単身)

ルーフェンは見た目のおしゃれさが人気ですが、中には好みでない人もいました。

デザインは1つで、カラーがホワイト・パープル・ピンク・ミントから選べます。

黒っぽい家電が好みの人には、物足りなく感じるかもしれません。

2023年7月に新色のスモーキーグレーが発売になりました!

ルーフェンの悪い口コミには、臭いなど機能に関するデメリットを挙げた人がいなかったのが大きなポイントです。

使っていてイマイチと感じていることが少ないのが、次の総合評価の良さに繋がっているのでしょう。

ルーフェンの良い口コミ・評判

ルーフェンには悪い口コミやデメリットもありましたが、総合評価はよかったです。

ルーフェンの総合満足度
満足
5人(55.6%)
やや満足
4人(44.4%)
どちらともいえない
0人(0%)
やや不満
0人(0%)
不満
0人(0%)

ルーフェンは本体の値段やランニングコストをデメリットに感じている人が半数程度いましたが、総合的には満足している人ばかりでした。

ゴミの処理や臭いに悩まなくてよくなるので、便利で手放せない存在ということが分かります。

購入した理由や良い口コミを見ていきましょう!

ルーフェンを購入した理由

生ゴミの匂いやコバエも嫌だし、見た目も苦手だったから。(子持ち夫婦)

前に住んでいたマンションはゴミ捨てに厳しい住人がいたのですが、仕事柄当日朝に捨てられないこともあり、夏場などは大変でした。臭い対策というのが大きかったです。(単身)

生ゴミが臭いのと、生ゴミが減ることで有料のごみ袋代がかなり節約になると思ったので。(子持ち夫婦)

週に1度しかない可燃ゴミの収集日、真夏の盆はしっかり収集も休むので2週間後になります。生ゴミ臭とコバエに耐えきれなくなり購入しました。(子持ち夫婦)

ルーフェンを購入した理由は、大きく次の2つです。

  1. 臭い対策
  2. 量を減らす

一番多かったのは、生ごみの臭い対策です。

祝日やお盆でゴミの収集がないときは臭いやコバエが不快で、ゴミがあるだけで気分も憂鬱になりますよね。

また、ゴミを減らすことで有料ゴミ袋も節約できると考えている人もいました。

ルーフェンの良い口コミ

OK

デザインが非常にスタイリッシュで、言われなければ生ごみ処理機とは思わないようなデザインです。 機能としてもしっかりしており、野菜の皮などの生ゴミはしっかりと量が減りニオイも漏れません。(単身)

スタイリッシュな見た目で生ごみ処理機と見た目ではわからないし、ニオイも全くなく良い製品です。(子持ち夫婦)

使い勝手は簡単!機械音痴の私でも楽々設置できましたし、稼働も生ゴミを入れて扉を閉めて、スイッチボタンを押すだけです。無音無臭で乾燥してくれます。真夏の悪臭と虫を考えたらお安い買い物です!(子持ち夫婦)

ホームベーカリーとさほど変わらないコンパクトなサイズとシンプルなデザインがよかった。(子持ち夫婦)

ルーフェンの口コミをもっと見る

生ゴミの量や匂いが軽減されて、料理を毎日しても片付けがラクになりました。(子なし夫婦)

生ゴミを入れておくだけで乾燥して匂いが気にならなくなり、とても良い。(子なし夫婦)

生ゴミに対する一番のストレスはやはり臭いだと思うので、一切ストレスがなくなりました。自治体の助成金が出るところも良かったです。(単身)

生ゴミの量が圧倒的に減りました。有料のゴミ袋代が節約できるようになったのがうれしいです。(子持ち夫婦)

生ごみが圧倒的に処理しやすくなります。かさも減り、臭いもなくなるので大変助かっています。(子持ち夫婦)

ルーフェンには良い口コミがたくさんありました。

  • 臭いがほとんどなくなる
  • かさが減ってゴミの量が減った
  • スタイリッシュでごみ処理機とは分かりにくい
  • ストレスがなくなって嬉しい

ルーフェンはスタイリッシュなデザインはもちろん、肝心のゴミの消臭や減量もばっちりとの声ばかりでした。

本体代金やランニングコストはデメリットであるものの、それ以上の効果を発揮していることが分かります。

生ゴミが臭いとそれだけで気分が沈んだりイライラしますが、ストレスがなくなって衛生的になるのは嬉しいですね。

公式サイトからは10,000円OFFクーポンや毎月払いも選べるので、真夏がやってくる前に手に入れましょう!

  • 世界100万台超の大ヒット
  • 生ごみを77%削減して悪臭なし
↑クーポン「loofen」で10,000円OFF

助成金制度の利用でお得

1~4万円の助成金が出る自治体も

ルーフェン購入後に
領収書を自治体に提出

ルーフェンの助成金


\公式サイトで助成金をチェック/

>> 生ゴミ処理機 Loofen <<

ルーフェンの口コミ|使ってみたレビュー

生ゴミ乾燥機のルーフェンを使ってみた私の口コミをまとめます。

写真つきでレビューするので、参考にしてみてくださいね♪

ルーフェンが届きました!

ルーフェン

届いたルーフェンの中身がこちらです!

  • 本体
  • バスケット
  • 脱臭フィルター
  • バスケットカバーサンプル
  • 取扱説明書

ルーフェンはパーツが3つだけでとってもシンプルです。

公式サイトからの購入は、10,000円OFFクーポンが使えます。

脱臭フィルターとバスケットカバーサンプル(合計5,460円相当)も付いてきてお得です♪

ルーフェンを準備してみましょう!

ルーフェン

ルーフェンを使う準備は3分でできます。

まず、ビニールを取り外して、バスケットを本体に入れます。

ルーフェン

そして後ろに脱臭フィルターケースを設置すれば完成です!

最初は脱臭フィルターの上下にシールが貼ってあるので、これも剥がします。

私は機械の設定がとても苦手ですが、ルーフェンは説明書がいらないぐらい簡単なので、すぐにできましたよ♪

ルーフェンを使ってみました!

ゴミ

今回、ルーフェンで乾燥させるのは、朝食で出たゴミです。(写真に写すので余りに汚いものは避けました)

  • バナナの皮
  • パンの耳
  • トマトのヘタ

これらをルーフェンに入れてみます!

ルーフェン

ルーフェンは使い方も簡単で、扉を開けて生ゴミをバスケットに入れるだけです。

これなら子供でもできますね!

バスケットは十分深さがあるので、ゴミもたっぷり入りますよ♪

ルーフェン

ルーフェンの操作はボタン1つだけで、モードを選ぶ必要はありません。

生ごみの量をAIが感知してくれるため、電気代を大幅にカットできます。

機械の上についているボタンを押したら運転スタートで、運転中は赤く光っていますよ!

乾燥中もいつでも扉が開けられるので、追加で投入してもOKです。

音は思った以上に静かで、付けているのを忘れてしまうぐらいでした。

ルーフェン

ルーフェンは自動で8時間のゴミ乾燥をしてくれますが、目で見てできていれば途中で取り出してもOK!

今回は写真用でゴミが少しだけだったので、4時間ほどで終わりました!

ルーフェンを使ってみた私の総合評価

ルーフェンでゴミを乾燥すると、水分が飛んでびっくりするぐらいニオイが気にならなくなりました!

トマトは水分が多いので乾燥できるか心配でしたが、ドライブルーツのようです。

ルーフェンは使い方やお手入れが簡単で、ゴミも小さくなるので、ストレスが減りますよ!

フィルター交換が必要なので多少のランニングコストはかかるデメリットはありますが、その分ゴミ袋は減らせます。

ルーフェンは世界で100万台売れているヒット商品なのも納得でした。

公式ストアでは10,000円OFFクーポンが配られているので、このチャンスを逃さないでくださいね♪

  • 世界100万台超の大ヒット
  • 生ごみを77%削減して悪臭なし
↑クーポン「loofen」で10,000円OFF

ルーフェンの2つのデメリット

ルーフェンを使って分かったデメリットは次の2つです。

それぞれを見ていきましょう!

①:フィルターカートリッジの交換が必要

ルーフェン
脱臭フィルターの交換が必要

ルーフェンのデメリットは、フィルターカートリッジの交換が必要なことです。

公式サイトには交換の目安は3~6ヶ月と書かれています。

フィルターは2本セットで5,000円ほどなので、半年に一度交換すると年1万円の費用が追加で掛かります。

それでも1日に換算すると27円ほどです。

ビニール袋や消臭スプレーなどが削減できて、ストレスも減るのでコスパは悪くありません。

②:コンパクトなキッチンにはサイズが大きい

ルーフェン
バスケットだけをキッチンに置くとコンパクト

ルーフェンは生ゴミがたくさん入る分、コンパクトなキッチンに置くと圧迫感があります。

1人暮らしの賃貸アパートで使うというよりは、ファミリー向けのサイズ感なので、どこに置くかを考えてから購入した方が良いです。

キッチンに置けないけれど、どうしてもルーフェンが欲しい…!という人は、別の部屋や廊下に置くもの悪くないです。

バスケットだけをキッチンに置いておいて、生ゴミを入れ終えてから本体にバスケットをセットすればOK!

別の部屋にルーフェンを置いてもそれほど手間ではありませんよ。

  • 世界100万台超の大ヒット
  • 生ごみを77%削減して悪臭なし
↑クーポン「loofen」で10,000円OFF

ルーフェンの3つのメリット

ルーフェンを使って分かったメリットは次の3つです。

それぞれを見ていきましょう。

①:ボタン1つで生ゴミを処理

ルーフェン

ルーフェンのメリットは、生ゴミを入れた後、スイッチを一度押せばOKという使いやすさです。

操作が難しかったり複雑だと、せっかく良いものを買っても使わなくなってしまいます。

自動で電力が調整され、8時間たつと運転を終了するようになっています。

子供でも簡単にできる操作方法で、生ゴミを処理できるのが魅力ですよ。

②:運転中でも生ゴミを追加で投入できる

ルーフェン

ルーフェンは、スイッチを押した後、運転中でもゴミを追加することができます!

洗濯機のように「これも入れておけば…」という小さな後悔がなく、ストレスも溜まりません。

ゴミを投入するときは、普通のゴミ箱のようにふたを開けるだけなので簡単♪

シンクに生ゴミが残ることがなくなり、においやコバエのストレスからも解放されますよ!

③:音が静かでデザインもおしゃれ

ルーフェン

ルーフェンは、運転音がほぼ無音です!

子供のお昼寝中や、騒音が気になる深夜でも安心して使えます。

また、デザインもシンプルでおしゃれなので、キッチンに置いても溶け込んでくれます。

大きさは小さいとはいえませんが、邪魔になる存在ではありませんよ♪

ルーフェンの販売店

ルーフェンの販売店はどこなのか、家電量販店を調べてみました。

ヤマダデンキ取り扱いなし
ヨドバシカメラ取り扱いなし
ケーズデンキ取り扱いなし
エディオン取り扱いなし
ビッグカメラ取り扱いなし
ジョーシン取り扱いなし

ルーフェンは家電量販店での取り扱いはないことが分かりました。

実際に手に取ってみたい人にとっては残念ですが、公式サイトではクーポンを使って10,000円OFFで購入できますよ!

ルーフェンの値段とクーポンコード

ルーフェンの値段は次のとおりです。

購入方法価格
通常価格82,280円
Amazon64,680円
楽天市場64,680円
公式通販64,680円
クーポンで53,680円

ルーフェンの通常価格は、82,280円です。

Amazonと楽天市場でも購入ができてどちらも22%OFFなので、64,680円が流通価格といえます。

公式サイトなら10,000円OFFクーポンが使えて、さらにお得な53,680円です!

24回払いだと、月々2,695円のところ月々2,237円となります。

脱臭フィルターとバスケットカバーサンプル(合計5,460円相当)も付いてきますよ!

気になる方は、今すぐ公式通販サイトをチェックしてくださいね♪

  • 世界100万台超の大ヒット
  • 生ごみを77%削減して悪臭なし
↑クーポン「loofen」で10,000円OFF

ルーフェンは生ゴミ処理機の助成金で安く買える?

ルーフェンは助成金で安くなる場合があります。

詳しく見ていきましょう!

ルーフェンの助成金は自治体によって異なる

ルーフェンの助成金の金額は自治体によって違います。

一律3万円などと決まっているわけではなく、59%の助成金が出る自治体もあればゼロの場合もあります。

東京を例に見てみましょう!

助成金
千代田区2/3
港区1/2
品川区1/3
中央区なし

助成金が出る自治体は、2023年3月時点で半分ぐらいです。

上限は20,000~30,000円が多いので、ルーフェンのような家庭用のゴミ処理機がぴったりの価格帯です。

50,000円のルーフェンに20,000円の助成金が出るなら、一気に購入のハードルが下がりますよね。

ルーフェンの公式サイトの助成金チェック項目に郵便番号を入力すれば、助成金額が分かりますよ!

ルーフェンの助成金には領収書が必要

ルーフェンの助成金の申請方法は自治体によって違いますが、多くの場合は領収書が必要です。

領収書は本体に同封されているので、なくさないようにしましょう。

分割払いを選んだ場合でも、領収書には合計金額がかかれているので、もらえる助成金の額が減ることがありませんよ。

助成金制度の利用でお得

1~4万円の助成金が出る自治体も

ルーフェン購入後に
領収書を自治体に提出

ルーフェンの助成金


\公式サイトで助成金をチェック/

>> 生ゴミ処理機 Loofen <<

ルーフェンとパリパリキューの違いを比較

ルーフェンとよく比較される生ゴミ処理機に、パリパリキューがあります。

ルーフェンとパリキューの違いを一覧で見ておきましょう。

項目ルーフェンパリパリキュー
処理方式乾燥式乾燥式
ゴミ削減77%80%
価格53,680円35,000円
電気代1日20円1日20~45円
フィルター4,574円6,270円
デザインおしゃれ普通

ルーフェンもパリパリキューも、乾燥方式でゴミを70~80%削減できます。

使い方の簡単さやニオイや音にも大きな違いはありません。

違うのは価格面で、5万円台のルーフェンに対してパリキューは3万円台です。

一見、パリパリキューの方が安そうに見えますが、1日の電気代が高いのでランニングコストを考えるとルーフェンが強いです。

1~2年の短期間の使用をイメージしているならパリパリキュー、長く使うならルーフェンがお得ですね。

パリパリキューは一般的な家電の見た目なのに対して、ルーフェンはデザインのオシャレさも人気の秘訣です。

  • 世界100万台超の大ヒット
  • 生ごみを77%削減して悪臭なし
↑クーポン「loofen」で10,000円OFF

ルーフェンをおすすめする人としない人

ルーフェンをおすすめする人としない人をまとめます。

ルーフェンをおすすめしない人

  • 生ゴミのにおいが気にならない人
  • 生ゴミを肥料にしたい人
  • おむつを処理したい人

ルーフェンは生ゴミを乾燥させ、悪臭や細菌をほとんど除去してくれます。

生ゴミのにおいが気にならない人や、そのまま捨てたい人には不要でしょう。

ルーフェンは乾燥して量や臭いを減らせるものの、それだけで堆肥にはならないので、生ごみを肥料にしたい人はバイオ式などを選ぶ方がよいです。

また、ルーフェンはキッチンの生ゴミ以外には不向きです。

ゴミの日までのおむつの処理には、おむつゴミ箱や消臭袋を使いましょう。

ルーフェンをおすすめする人

  • おしゃれな生ゴミ処理機を探している人
  • 騒音が気になる人
  • 生ゴミのにおいやコバエのストレスから解放されたい人

ルーフェンは、世界三大デザイン賞の一つ、レッドドット・デザイン賞を受賞しています!

カラーも4色から選べるので、おしゃれな生ゴミ処理機を探している人にぴったり♪

騒音や生ゴミのにおい・コバエが気になる人にもおすすめです!

ルーフェンのよくある質問

ルーフェンのよくある質問に答えます。

投入できないゴミはある?

火種が残っている焦げた食品、化学物質、引火性の物質の投入は避けましょう。

買ってすぐ壊れたら保証はある?

ルーフェンには1年間の無償アフターサービスがついています。正常な使用方法で故障した場合には、無償で交換してもらえます。

お手入れは簡単?

バスケットは水洗いができ、食洗器にも対応しています。乾燥したゴミを捨てた後で洗っておくと清潔です。

ルーフェンについてまとめ

ルーフェン
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • ボタン1つで生ゴミを処理
  • 運転中でも生ゴミを追加できる
  • 音が静かでデザインもおしゃれ
デメリット
  • フィルターカートリッジの交換が必要
  • コンパクトなキッチンにはサイズが大きい

生ゴミの処理は嫌なことばかりで、ストレスを感じている人も多いはず。

ルーフェンがあればそんなストレスから解放され、ゴミ処理が楽しくなりますよ♪

  • 世界100万台超の大ヒット
  • 生ごみを77%削減して悪臭なし
↑クーポン「loofen」で10,000円OFF

助成金制度の利用でお得

1~4万円の助成金が出る自治体も

ルーフェン購入後に
領収書を自治体に提出

ルーフェンの助成金


\公式サイトで助成金をチェック/

>> 生ゴミ処理機 Loofen <<

タップできる目次