\ 最大8%ポイントアップ! /

iimo(イーモ)の三輪車の口コミ|1歳半がトライシクル02に乗ってみた

iimo トライシクル#02 1歳半

iimo(イーモ)の三輪車の口コミはどう?
何歳まで使えるの?

この記事では、iimo(イーモ)の三輪車の私の口コミとネット上の評判をまとめます。

イーモトライシクルはスタイリッシュなデザインが可愛くて、取り外し可能な手押し棒・ステップ・ソフトガードで長く使えます!

我が家では他の三輪車との比較や、イーモトライシクルの01と02の違いを踏まえた上で02を購入しました。

キャラクターものでないお洒落な三輪車を探している人は、iimoをチェックしてみてくださいね♪

タップできる目次

iimo(イーモ)の三輪車とは?

iimo トライシクル#02
商品名iimo トライシクル
販売元エム・アンド・エム株式会社
種類#01、#02、#02SS
対象年齢1歳6ヶ月~4歳11ヶ月
カラーレッド、ブラウン、ホワイト

iimo(イーモ)の三輪車のトライシクルは、デザイン性と機能性を兼ね備えた製品です。

スタイリッシュなデザインと高級感のあるカラーで、お洒落なパパやママに人気があります。

折りたたみや走行性、安全面へのこだわりなど、機能も充実していて、文句なしの三輪車です。

成長に合わせて装備を変えられるので、1歳の長く使える誕生日プレゼントにもぴったりです。

iimo(イーモ)の三輪車の口コミ|1歳半が乗ってみた

イーモの三輪車、トライシクルを息子の1歳の誕生日に買いました!

実際に使ってみた口コミを写真付きで紹介するので、購入を迷っている人は参考にしてみてくださいね♪

イーモトライシクルの対象年齢は1歳半から

1歳の1日

イーモトライシクルの対象年齢は、1歳半からです。

1歳になったばかりでは外で乗るのは危険なので、最初は室内用のおもちゃとして使っていました。

手押し車のように押したり、サドルに座らせると嬉しそうでしたよ♪

1歳3ヶ月頃から室内のジョイントマットの上で、乗せて動かしていました。

1歳はいきなり外で乗るより、室内で練習するとトライシクルでの公園デビューがスムーズです。

デザインも可愛いので、部屋に置いておくと大人のテンションも上がります!

1歳半のときにトライシクルでお外デビュー

iimo トライシクル#02 1歳半

1歳半になった息子をiimoの三輪車に乗るとこんな感じ♪

トライシクルには、お腹の前のソフトガードと足置きが付いているので、小さい子でもちゃんと乗ることができます。

iimo トライシクル#02 足置き

1歳半だとまだ足が短いのでペダルには届きませんが、足置きにはぴったり!

足が落ちてしまわないように、足置きには滑り止めとサイドガードが付いています。

イーモトライシクルを押してみます

iimo トライシクル#02 手押し棒

イーモの三輪車には「手押し棒が押しにくい」という悪い口コミがありました。

実際に押してみると、走行性はまずまずといったところです。

三輪車を操作する手押し棒と考えると、そこそこ小回りも効くし、まっすぐ押せます。

ただ、ベビーカーと比べると走行性は劣るので、片道15分以上の距離や坂道・砂利道であればベビーカーを使いたいですね。

徒歩5分の公園に行くぐらいなら、十分にイーモで対応できます♪

トライシクルは走行中も安全

iimo トライシクル#02 ソフトガード

イーモの三輪車は走行中も安全で、子供が落ちそうになったことはありません。

取り外し可能なソフトガードは、2歳すぎまで活躍しました。

それ以降はハンドルを持ってしっかり乗れるようになるので、外してあげると良いです。

足置きも同じタイミングで折りたたんで、三輪車の練習を始めました。

息子は不器用で、3歳を過ぎてようやく自分でこげるレベルなので、スイスイ進むにはまだ時間がかかりそうです。

イーモトライシクル#02は折りたためる

iimo トライシクル#02 折りたたみ

イーモの三輪車の02は簡単に折りたたみができます。

折りたたむ必要性はあるのか疑問だったものの、値段が1,000円しか変わらなかったので折りたたみ機能付きの02に決定しました。

車に乗せて持って行けるのと、真冬など使わないときにコンパクトになるので、結果的に良かったと思っています。

折りたためるからといって強度に問題があることもないので、迷ったら02を選ぶと良いですよ♪

01との詳しい違いは、「イーモトライシクルの違いを比較」を参考にしてくださいね。

iimoの三輪車の総合評価は…

iimo トライシクル#02

iimoの三輪車は必要な機能や安全面が揃ったオールマイティータイプです。

ソフトガードや足置きは外せるので、1歳に買って3歳を過ぎても現役で使えていますよ♪

デザインが可愛いので親のテンションも上がるのと、くすみ系のカラーなので多少汚れてもレトロな感じになります。

キャラクターものが好きな子もいますが、「アンパンマンじゃなきゃイヤ!」と言われたときには、後ろのカゴにぬいぐるみを乗せてあげれば解決します。

逆にキャラクターものを卒業した場合、その後がキャラ三輪車は困ってしまうもの。

長く使うならシンプルなデザインが一番なので、子供に良い三輪車を買うならiimoに決まりですね!

iimo(イーモ)の三輪車の悪い口コミ・評判

iimo(イーモ)の三輪車を利用した人の中には、少数ながらも悪い口コミ・評判がありました。

iimo(イーモ)の三輪車は他の人とカブる…という口コミ

iimo(イーモ)の三輪車は色やオプションに迷う…という口コミ

iimo(イーモ)の三輪車には悪い口コミもありましたが…

イーモの三輪車は人気があるので人と被るのでは?という口コミがありました。

ネット上ではよく見かけるイーモですが、私は実際に公園でイーモトライシクルに乗っている子に遭遇したことはありません。

アンパンマンやミッキーの方がよく見る印象なので、それほど被ることは心配しなくてよいでしょう。

また、イーモには可愛いカラーが3色あるので、どれにしようか迷うという声も。

私も白や茶色とかなり悩みましたが、子供らしい赤にしましたよ!

iimo(イーモ)の三輪車の良い口コミ・評判

iimoの三輪車には悪い評判もありましたが、良い口コミが多かったです!

その一部を見ていきましょう!

iimo(イーモ)の三輪車は良い感じ!という口コミ

iimo(イーモ)の三輪車は可愛い!という口コミ

iimo(イーモ)の三輪車は押しやすい!という口コミ

https://twitter.com/mayuuuuuuu_uuu/status/1172798956138483713

iimo(イーモ)の三輪車には良い口コミがたくさんありました!

イーモの三輪車はお値段以上につくりがしっかりしているという口コミがあります。

安っぽい感じは全くないので、クオリティを重視したいママに選ばれていますよ!

デザインが可愛いので、子どもも自分で乗りたい!という気になりますね。

手押し棒が付いているので、まだ三輪車をこげない1歳から活躍するのもポイント!

デザイン性と機能性の両方に優れていてコスパも良いのがイーモの人気の秘訣です。

iimo(イーモ)の三輪車の3つのメリット

イーモの三輪車がおすすめな3つの理由をまとめます。

①:折りたたみ出来る

三輪車って、大きくて場所を取るので結構邪魔だと感じる人も多いです。

イーモの三輪車は、ダイヤルを回してロックを外すと簡単に折りたたむことができます。

後ろには押し棒もついていますが、押し棒も折りたたみ可能!

びっくりするぐらいコンパクトに収納できるので、しまう場所にも困りません。

それに、車でのおでかけなどで持ち運ぶときも便利ですよね♪

②:デザインが可愛い

イーモの三輪車はデザインがとってもかわいいのが特徴です。

キャラクターものも子供は喜びますが、飽きてしまうと乗らなくなってしまうことも…。

イーモの三輪車はオシャレなデザインで子供も気に入って乗りたい!という気にさせてくれます♪

色もオシャレな3色展開です。

流行りのくすみカラーもあるので、子供にもちょっとオシャレなものを使ってほしい!という人にぴったりです。

③:押棒でハンドル操作が可能

イーモの三輪車は、押し棒でハンドル操作が可能です。

まだ自分で運転ができない小さな子でも安心して乗せることができます。

イーモの三輪車は、1歳の誕生日に購入するパターンが多いです。

1歳だとまだ三輪車に乗れない子のほうが多いですが、押し棒があれば快適にお散歩が楽しめます♪

従来モデルよりも押し棒が14センチ高くなり、大人が押しやすくなりましたよ。

iimo(イーモ)の三輪車は何歳まで乗れる?

イーモの三輪車の対象年齢は、1歳6ヶ月~4歳11ヶ月です。

対象年齢を見ると5歳の直前までイーモに乗れます。

息子は4歳の誕生日に自転車を買ったので、このときにイーモを卒業して、下の子に譲りました。

4歳ごろから補助輪のついた自転車に乗る子が多いため、自転車を買えば自然とイーモの三輪車は使わなくなるでしょう。

もっと長く使える商品が良い人は、スクーターに変形できるマイクロスクーターのミニトゥーゴーもおすすめです。

マイクロスクーターについている棒はバランスを保つもので、手押し棒ではないデメリットはあります。

外を押して走るならイーモの三輪車、スクーターに変形して長く使うならミニトゥーゴーを選びましょう。

iimo(イーモ)の三輪車の値段

イーモの三輪車の値段は次のとおりです。

販売元値段(税込)
定価オープン価格
実店舗15,000~16,000円
楽天市場13,800円

イーモの三輪車は、オープン価格ですが楽天市場では13,800円で販売されています。

iimo(イーモ)の三輪車の取扱店はベビー用品店の一部にもあるものの、15,000円以上はするようで、私は楽天市場で買いました。

カラーは3色から選べますよ。

  • エタニティーレッド
  • コンフォートブラウン
  • ジェントルホワイト

どの色も可愛いですが、子供らしい赤をお洒落で深みのあるカラーにしたエタニティーレッドが一番人気です。

ネットでは限定カラーも出ているので、被りたくない人は限定を選ぶのも良いですね。

iimoはデザインも色もオシャレなので、長く乗ることができてコスパも抜群です!

iimo(イーモ)の三輪車をおすすめする人としない人

イーモの三輪車をおすすめする人としない人をまとめます。

iimo(イーモ)の三輪車をおすすめしない人

  • キャラクターものの三輪車を使いたい人
  • 他の人とカブるのがどうしても嫌な人

子供がどうしてもキャラクターの三輪車がほしい!という人はデザイン的に向いていません。

また、イーモの三輪車に乗っている人と遭遇したことはありませんが、人気があるので被る可能性はあります。

iimo(イーモ)の三輪車をおすすめする人

  • 折りたためる三輪車がいい人
  • シンプルでオシャレな三輪車に乗せたい人
  • 長く乗せられる三輪車を選びたい人
  • 安定感のある三輪車を探している人

イーモの三輪車はとにかくオシャレ!

キャラクターものだと飽きてしまって、なかなか長く乗ってくれない可能性もありますよね。

イーモの三輪車はシンプルでオシャレなので、5歳前まで長く乗ることができます。

また、折りたたみができるというのもポイントが高く、コンパクトな収納が可能なのも嬉しいです。

iimo(イーモ)の三輪車についてまとめ

イーモの三輪車についてまとめました。

  • 折りたたみができてコンパクトな収納が可能
  • 押し棒がついているので1歳半から使える
  • デザインが可愛くてお洒落なママに人気

イーモの三輪車は子どもが初めて乗る乗り物にピッタリです!

安定感もあり、オシャレなので小さい頃から自転車の練習を始める前まで長く乗ることができます。

イーモの三輪車で親子一緒に楽しく遊びましょう♪

-PR-

タップできる目次