健康的に痩せたい!ベースブレッドでダイエット

離乳食初期たんぱく質!しらす・豆腐・卵のブレンダー派レシピ集

離乳食 ゆで卵 卵黄

離乳食初期のたんぱく質の調理法をブレンダー派の私が解説します!

しらす・豆腐卵などはブレンダーとは相性が悪いですが、工夫次第ですり鉢なしでも作ることができますよ♪

それぞれのやり方を見ていきましょう!

離乳食しらす:ブレンダーをするなら10倍粥と一緒に

離乳食セット(すり鉢)を買わなかった私にとって、しらすは天敵です。

しらすはそのままでは量が少なくて上手くブレンダーできないので、お粥に混ぜるとOK!

レンチン10倍粥に塩抜きしたしらすを入れるだけだから簡単です。

>>最強に簡単な10倍粥の作り方

炊いたご飯で10倍粥

調理器具は、ブレンダーと大きめの耐熱容器を用意しましょう!

離乳食の豆腐の与え方
  1. しらす50gをざると熱湯で塩抜きする
  2. 炊いたご飯50gを耐熱容器に入れる
  3. 5倍の熱湯(250g)としらすを加えて混ぜる
  4. 電子レンジでラップをせず5~7分チン
  5. ブレンダーで細かくする

しらすを熱湯につけると簡単に塩抜きができます。小鍋で2分ほど茹でてもOK。

しらす 塩抜き

この分量で大さじ1強(18g)のしらす粥キューブが16個できました!

1食あたり2個ぐらいが目安です。

しらす 10倍粥

これで1つで、主食とタンパク質はOKですよ♪

離乳食の豆腐:電子レンジとスプーンでペーストに

離乳食初期のタンパク質といえば、豆腐!

豆腐のの面倒なところは冷凍できないところ。

食感がモサモサになり、赤ちゃんには不向きなので凍らせないようにしましょう。

離乳食の豆腐の与え方
  1. 絹豆腐を小さじ1~3離乳食ボウルに入れる
  2. レンジで10秒チン
  3. 離乳食スプーンなどでつぶす

豆腐は表面を殺菌するために、加熱しましょう。

電子レンジでチンすると、ポンっと良い感じに爆発して多少は細かくなります。

それを固めのスプーンでつぶして与えればOK。

豆腐 離乳食

与え方は簡単ですが作り置きができないので、残った豆腐は大人が食べることになります。

小さめの3個パックや9連(京の石畳など)を買うと、大人の消費がラクです。

離乳食たまご:ラップで潰して粉砕

卵はアレルギーが出やすいので、他の食材以上に慎重に進めましょう!

少し前までは、卵は7ヶ月以降と言われていましたが、5ヶ月に変更に。遅すぎるのも良くないという意見もあるので、私は間を取って6ヶ月からチャレンジしました。

卵白にアレルゲンが多いので、必ず固ゆでの卵黄から始めます。

離乳食の卵の与え方
  1. 沸騰したお湯に卵を入れる
  2. ときどきかき混ぜながら15分ゆでる
  3. 冷水で冷やしてすぐに黄身を取り出す

ゆで卵ができたあと時間がたつと、白身のアレルゲンが黄身に移ることがあるので要注意!

最初はできるだけ白身に触れていない、黄身の中心を使うようにしましょう。

離乳食 ゆで卵

毎回ゆで卵を作るのは大変なので、フリージングしておくと便利です。

細かくほぐして小さめのタッパーに入れて冷凍庫へ。量が増えるとジップロックに入れて、叩き潰してから冷凍するのも楽です。

離乳食 卵黄

残った白身と黄身は捨てるのはもったいないのでマヨネーズと混ぜて、大人のサラダの付け合わせなどに。

卵サラダ

卵を与えるときは、いきなり量を増やさずに少しずつがポイントです。気になる場合は2~3日に1回与えて慎重に様子を見ましょう。

【おまけ】離乳食初期の調理なしの簡単タンパク質3選

離乳食を作ろうとしたものの、上手く時間が取れないことってありますよね。

そんなときに便利なタンパク質が次の3つです。

この3つはゴックン期の救世主なので上手に取り入れていきましょう。

離乳食初期の後半は豆腐・しらす・卵などのタンパク質を進めよう

離乳食初期の豆腐・しらす・卵の作り方を紹介しました。

離乳食初期タンパク質のポイント
しらすは10倍粥と一緒にブレンダーできる
豆腐は冷凍したらモサモサになる
● 卵黄は潰して冷凍できる

育児をしながらの手作り離乳食は大変なので、週末にまとめてストックを作ったり、ベビーフードも活用していきましょう。

あわせて読みたい

ぶんぶんチョッパー 離乳食 モグモグ期

離乳食中期はぶんぶんチョッパー!茹でてから刻む使い方がおすすめ

ベビーチェア カリブ 離乳食

カリブ(ベビーチェア)はいつから?口コミをレビュー