\ 最大8%ポイントアップ! /

資生堂のベビーパウダーは肌に悪い?発がん性の危険で顔にはヤバい?

資生堂のベビーパウダー

資生堂のベビーパウダーは肌に悪い?
発がん性物質が含まれているって本当?

この記事では、資生堂のベビーパウダーは肌に悪いのかまとめます。

以前、アメリカでタルクが使われるベビーパウダーに発がん性の疑いが議論になり、資生堂のパウダーも心配の声があります。

赤ちゃんのボディや、大人が顔に使っても良いのか、詳しく見ていきましょう!

タップできる目次

資生堂のベビーパウダーは発がん性のリスクがある?

資生堂のベビーパウダーは肌に悪いのか、議論されるポイントに発がん性があります。

サクッとまとめると次のとおりです。

  1. アメリカのJ&Jのベビーパウダーが発がん性で訴訟される
  2. ベビーパウダー内のタルクにアスベストの可能性が論点
  3. J&Jは製品の発がん性を否定
  4. 資生堂のベビーパウダーにもタルクが使われている

詳しく解説します。

J&Jのベビーパウダーが発がん性で訴訟

ジョンソンのベビーパウダー
ジョンソンベビー

アメリカのジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)のベビーパウダーに、発がん性の訴えが挙がっていました。

J&Jのベビーパウダーをめぐっては、タルクに混入したアスベスト(石綿)が原因で卵巣がんを発症したなどとして、同社を相手取った訴訟が多発。報道によれば、訴訟は約3万8000件に上る。

時事メディカル

ベビーパウダー内のタルクにアスベストが混入している可能性があり、発がん性の危険があるのでは?という内容です。

J&Jは「タルクを使ったベビーパウダーにアスベストは混入しておらず、がんを引き起こすことはない」と発がん性を否定しています。

ただ、不安に感じる消費者が多く売り上げが低下したことから、2023年にタルクをトウモロコシ由来の「コーンスターチ」に変えることを決定しました。

ちなみに、ジョンソンのベビーローションやベビーオイルの発がん性を心配する声もありますが、これらにはタルクは不使用です。

資生堂のベビーパウダーにもタルクが使われている

資生堂のベビーパウダー

資生堂のベビーパウダーに発がん性の声が挙がっているのは、タルクが使われているからです。

酸化亜鉛,タルク,ポリエチレン末,流動パラフィン,ワセリン,精製水,クエン酸,リン酸二水素ナトリウム,香料

資生堂

タルクは鉱物由来の原材料で、肌をなめらかに見せたり、さらさらにする効果があります。

資生堂のベビーパウダーだけでなく、ファンデーションや日焼け止めなど多数の化粧品に使われています。

最近ではタルク不使用を謳った化粧品もあり、一定数の人はタルクを避ける傾向にあります。

厚生労働省はアスベストを含む粉状タルクの使用を禁止

資生堂のベビーパウダーにタルクが使われているため、発がん性が不安という声もあります。

厚生労働省はタルクに含まれるアスベストについて基準を設け、法令の違反を取り締まっています。

労働安全衛生法施行令等の一部が改正され、平成18年9月1日から、石綿をその重量の0.1%を超えて含有する製剤その他の物の製造、輸入、譲渡、提供又は使用が禁止された

厚生労働省

日本では、0.1%以上のアスベストを含むタルクは使用や輸入ができません。

もちろん、資生堂のベビーパウダーもこの基準を満たしています。

資生堂ベビーパウダーのタルクに発がん性の危険はないと言えますが、「タルク=悪」という認識を持つ人も一部にいるのは事実です。

我々の身の回りには、良くはないけれど悪くもないことがたくさんあります。

  • シリコンは危険だからノンシリコンが良い
  • 香料はダメだから無香料
  • 食品添加物は危険だからコンビニ弁当はNG
  • 離乳食にベビーフードは与えない

このように、危険を挙げだしたらキリがなく、どこまでを許容するかは個人差があります。

多くの人はタルクについても気にせずに使用しています。(発がん性のこと自体を知らない人もたくさんいます)

資生堂のベビーパウダーは発がん性のリスクは限りなくゼロに近いですよ。

資生堂のベビーパウダーは大人が顔に使うのは肌に悪い?

資生堂のベビーパウダーは、大人が顔に使うと肌に悪いと言われることがあります。

これは、発がん性うんぬんの問題ではなく、ベビーパウダーを顔に使ってよいのか?という論点です。

OK派とNG派の意見を見てみましょう。

資生堂のベビーパウダーは顔に使ってOK

資生堂のベビーパウダーは、赤ちゃんの肌トラブルを防ぐパウダーです。

パフが内臓されているので、大人のメイクの仕上げや、スキンケアの後にぴったりとの声も多いです。

資生堂のベビーパウダーは、赤ちゃんも使える安心感とコスパの良さで、大人にも大人気でした。

メイクに使っている人も多く、使用感にも満足している人が多かったです。

資生堂のベビーパウダーは顔に使うのはNG

資生堂のベビーパウダーは顔に使うのはNGとの意見もあります。

ボディ用のベビーパウダーと、顔用のフェイスパウダーでは、少し成分などが異なるためです。

顔には顔用を使うのが一番と考える人もいます。

プチプラで肌にやさしいパウダーなら、素肌記念日がおすすめです。

素肌記念日は夜に付けて寝ても良い商品です。

素肌のような自然なカバー力を求めている人にぴったりですよ。

乾燥肌の人の中には「ナイトパウダーは肌に悪い」と感じている人もいるので、肌質に合うと感じたら使ってみてくださいね。

資生堂のベビーパウダーは肌に悪いのかまとめ

資生堂のベビーパウダーは肌に悪いのかまとめました。

  • 発がん性で議論されたタルクが使われている
  • 資生堂は厚生労働省が定めた安全基準内のタルクを使用
  • 大人が顔に使っている人も多い

プチプラでさらっとした使い心地の資生堂のベビーパウダーは、赤ちゃんから大人まで人気の商品です。

タルクを避けたい人以外にはおすすめできるので、使ってみてくださいね!

-PR-

タップできる目次