\ 最大8%ポイントアップ! /

アンパンマンキャラメルコーンは何歳から?子供用の違いははちみつ?

アンパンマンキャラメルコーン

アンパンマンキャラメルコーンは何歳から食べられる?
大人用との違いははちみつ?

この記事では、アンパンマンキャラメルコーン4連はいつから食べられるのかとめます。

アンパンマンキャラメルコーンには、はちみつやピーナッツが使われているのか、大人用とどう違うのか、気になりますよね。

食べられる目安と、100人の家庭ではいつからアンパンマンキャラメルコーンを食べさせたか、調査結果を発表します!

タップできる目次

アンパンマンキャラメルコーンはいつから食べられる?

アンパンマンキャラメルコーンはいつから食べられるのでしょうか?

  • 対象年齢は何歳?
  • 大人用との違いは?

公式サイトでや幼児食の観点から解説していきます。

公式サイトにアンパンマンキャラメルコーンの対象年齢は記載なし

アンパンマンキャラメルコーン

甘くてサクサクした食感が人気のアンパンマンキャラメルコーンですが、パッケージには対象年齢が記載されていません。

アンパンマンキャラメルコーンを販売する東ハトの公式サイトを調べましたが、いつから食べていいのか具体的な年齢は書かれていませんでした。

アンパンマンの公式サイトには、アンパンマンのお菓子の一部の対象年齢が記載されています。

商品対象年齢
アンパンマンひとくちビスケット12ヶ月~
アンパンマンミニミニラムネ2歳~
アンパンマングミ(ケース付)2歳~
アンパンマンペロペロチョコ2歳~
アンパンマン おやさいかりんとう2歳~

柔らかいひとくちビスケットは12ヶ月から、ラムネ・グミ・チョコ・かりんとうは2歳からと書かれています。

アンパンマンキャラメルコーンも、離乳食が完了する「2歳ごろ」から食べさせて良いといえるでしょう。

アンパンマンのぷくじゃがやポップコーンも同じ頃です。

2歳であれば奥歯も生え始め、物をしっかり噛めるようになります。

ただし、子どもの噛む力や成長具合にもよるので、保護者の判断のもと気をつけて与えるようにしてくださいね。

アンパンマンキャラメルコーンと大人用の違いは?

アンパンマンキャラメルコーン

大人用のキャラメルコーンは、ピーナッツが入っている揚げ物で「本当に2歳児に与えて大丈夫?」と不安になりますよね。

実は大人用と子供用のキャラメルコーンは中身に違いがあります。

比較項目アンパンマン大人用
甘味料なしあり
カルシウムありなし
サイズこつぶ普通
ピーナッツなしあり
調理法ノンフライフライ
はちみつなしなし

子供用のアンパンマンキャラメルコーンには、甘味料とピーナッツが入っておらず、調理もノンフライです。

こつぶサイズなので、子供も食べやすいですよ。

ミルクカルシウムが入っているのも嬉しいですね。

大人用と子供用の違いをタップで見る
キャラメルコーン

大人用には「ローストピーナッツ入り」と書かれていますが、アンパンマンキャラメルコーンには入っていません。

キャラメルコーン
←子供用 大人用→

原材料はどちらもコーングリッツ・砂糖・食物油脂などでできています。

アンパンマンキャラメルコーンには、甘味料のソルビトールの代わりに還元水あめで味付けがされています。

キャラメルコーン
←子供用 大人用→

アンパンマンキャラメルコーンは大人用よりサイズが小さいです。

目で見ると大差はありませんが、実際に口に入れると大きさの違いを感じます・

キャラメルコーンを子供に食べさせるときに気になるのがはちみつですが、アンパンマンにも大人用にも使われていません。

以前の大人用ははちみつ入りで作られていましたが、数年前より不使用になりました。

万が一、1歳未満の子供が大人用を食べてしまっても大丈夫ですが、幼児に与えるならアンパンマンキャラメルコーンをを選びましょう。

アンパンマンキャラメルコーンをいつから食べさせているのかアンケート調査

アンパンマンキャラメルコーンをいつから食べさせているのか、アンケート調査をしました!

アンケート期間:2023年5月5~6日
アンケート対象:3~5歳の子供の保護者
アンケート数:100人

結果は次のとおりです。

アンパンマンキャラメルコーンはいつから食べさせた?
~生後11ヶ月
0人(0%)
1歳~1歳5ヶ月
10人(10%)
1歳6ヶ月~1歳11ヶ月
11人(11%)
2歳
17人(17%)
3歳以上
18人(18%)
食べさせたことがない
44人(44%)

アンケートの100人の中には、アンパンマンキャラメルコーンを0歳児に食べさせている人はいませんでした。

一番多いのは「3歳以上」で18%、「2歳以上」も17%でした。

アンケートに寄せられたアンパンマンキャラメルコーンの口コミも紹介します。

キャラメルコーンが好きなのと、小分けになっているので車に乗っている時に食べさせやすいので買っています。子ども達はキャラメルコーンが好きなので喜んでいます。同じキャラメルコーンでも自分の好きなキャラクターのついた袋から食べたいようで、兄弟で取り合っています。(1歳~1歳5ヶ月)

自分で持って黙々と食べてくれるし、飲み込みの心配が少ないので安心してあげれます。(1歳6ヶ月~1歳11ヶ月)

大人が食べても美味しいから、家族で食べれます。(2歳)

異なるキャラクターが描かれた4袋がつながっているタイプのもので、子供がその日に食べる袋を自分で選ぶのが楽しそうでした。(2歳)

アンパンマンキャラメルコーンは「子供が喜んで食べる」し「大人が食べても美味しい」と人気がありました。

与えすぎには注意ですが、子供が喜ぶ姿は嬉しいですよね。

アンパンマンキャラメルコーンを2歳2ヶ月に食べさせてみました

アンパンマンキャラメルコーンを娘に2歳2ヶ月から食べさせてみました。

保育園のおやつにもたまに市販菓子が出ることもあり、そろそろ良いかなと思ってデビューです。

2歳2ヶ月の娘の写真でレビューします。

アンパンマンキャラメルコーン

アンパンマンキャラメルコーン4連を買ってきました。

メインのキャラクターは4つですが、細かい部分にメロンパンナちゃん・あかちゃんまんもいるので、好きなキャラクターを探すのも楽しいです。

アンパンマンキャラメルコーン

アンパンマンキャラメルコーンは子供用のため、通常のキャラメルコーンと違いがパッケージに書かれています。

甘味料不使用なので子供にも食べさせやすいですね。

アンパンマンキャラメルコーン

パッケージの裏面には、アンパンマンのキャラクターのイラストがついています。

おでかけに持っていくのにも、時間つぶしになるので助かります。

アンパンマンキャラメルコーン

アンパンマンキャラメルコーンを開けてみました。

ノンフライなので手に油分がつきにくく、サイズも小さいので子供も食べやすいですよ。

アンパンマンキャラメルコーン

味は大人が食べても甘みがあって、美味しいです。

子供はもちろん、家族のおやつにもぴったりです♪

アンパンマンキャラメルコーンを幼児に食べさせる注意点

アンパンマンキャラメルコーンを幼児に食べさせるときに気をつけたいことをまとめました。

それぞれ解説します。

①:はちみつ不使用だけどアレルギーに注意する

アンパンマンキャラメルコーン

アンパンマンキャラメルコーンは、はちみつ不使用ですが、アレルギーに注意が必要です。

アレルギー表記をみると、乳成分や大豆が使われています。

他にも卵・小麦・落花生・えび・かにを使った設備で製造していると書かれています。

はちみつは使われていませんが、これらの食物アレルギーをもつ子に与えるのは控えたほうがいいでしょう。

大人用のキャラメルコーンはピーナッツ入りですが、アンパンマンキャラメルコーンにはピーナッツは入っていないので安心してくださいね♪

②:カロリー高めなので与えすぎない

アンパンマンキャラメルコーン

ノンフライで作られているアンパンマンキャラメルコーンですが、カロリーや脂質が高めなので与えすぎに気をつけましょう。

比較項目小袋
(11g入)
大袋
(53g入)
カロリー65kcal312kcal
脂質4.3g20.7g

アンパンマンキャラメルコーンは小袋だと65kcalですが、大袋となると312kcalもあります。

厚生労働省の食事摂取基準によると、1~2歳に必要な1日のエネルギーは男の子が950kcal、女の子が900kcalです。

2歳ともなるとお菓子ばかり欲しがり、1袋ペロリと食べてしまうなんてことも…。

特に大袋は量も多く、食べ過ぎてしまうと1日に必要な大半のエネルギーをキャラメルコーンが占めてしまいます!

ノンフライではあるものの、食塩やマーガリンも使われていて意外高カロリーです。

ご飯が食べられなくなる可能性もあるので、食べる量だけお皿に移しておく、4連タイプなら1袋だけにすると食べ過ぎを防げますよ。

③:だらだら食べは虫歯の原因になる

アンパンマンキャラメルコーン

アンパンマンキャラメルコーンは子供用にサイズや原材料が工夫されていますが、砂糖は使われています。

子供がぐずったときに、1粒ずつゆっくり食べさせたくなりますが、だらだら食べは虫歯のリスクが上がります。

おやつなどの決まった時間に食べる方が、歯科衛生上は安心です。

外出時のぐずり対策に使うなら、食べ終わった後にお茶を飲ませるなどして予防しましょう。

アンパンマンキャラメルコーンのよくある質問

アンパンマンキャラメルコーンのよくある質問に答えます。

アンパンマンキャラメルコーンはいつから販売された?

東ハトのキャラメルコーンは1971年に販売された、発売から50周年を迎える定番おやつです。
アンパンマンキャラメルコーンは、2011年や2019年にリニューアルされています。

アンパンマンキャラメルコーンの黒い粒は?

アンパンマンキャラメルコーンには、まれに黒い粒が入っています。
これはコーンの胚芽なので、食べても問題ありません。

アンパンマンキャラメルコーンは何歳から食べれるのかまとめ

アンパンマンキャラメルコーンは何歳から食べさせるのかについてまとめました。

アンパンマンキャラメルコーン
総合評価
( 4 )
メリット
  • 可愛いキャラクターで子供が喜ぶ
  • サイズや原材料など子供向けの工夫がある
  • はちみつは使われていない
デメリット
  • 卵や小麦と同じ製造ラインで作られているのでアレルギーに注意
  • だらだら食べは虫歯の原因になる

子供に大人気のアンパンマンのキャラメルコーンで、楽しいお出かけやおやつの時間を過ごしましょう!

アンパンマンの人気のお菓子

-PR-

タップできる目次