【日本上陸】Temuのクーポン・お得情報

一人っ子ママがむかつく!選択一人っ子がずるいし羨ましい理由とは?

女の子ママ

この記事では、「一人っ子ママがむかつく」と言われる理由をまとめます。

一昔前は「一人っ子はデメリットしかない」という風潮がありましたが、今では選択一人っ子も増えています。

金銭的にゆとりがあり優雅な生活に見える一人っ子ママを「ずるい」と感じることもありますが、ないものねだりの場合が多いです。

一人っ子ママにとってもきょうだいは羨ましいと思うこともあるものですよ。

タップできる目次

一人っ子ママがむかつく理由は「ゆとり」がある

赤ちゃん パパ ママ

一人っ子ママがむかつく理由は「ゆとり」があることです。

子供が多ければ多いほど、お金がかかったり、ママ自身の時間はなくなります。

一方で、選択一人っ子であれば、子供一人にお金や時間を使えるので、生活に余裕やゆとりがあるように見えるのです。

「一人っ子ママは性格が悪い」ということはなく、ムカつく理由はないものねだりがほとんどです。

一人っ子にもきょうだいにも違った良さがあるものの、日々の生活に追われていると、つい一人っ子ママを羨ましく感じてしまう人も多いです。

具体的に、一人っ子ママがずるいと思うシチュエーションを見ていきましょう。

一人っ子ママがむかつく金銭的なゆとり

一人っ子ママがむかつく「金銭的なゆとり」についてまとめました。

それぞれを見ていきましょう。

①:子供にお金のかかる習い事をさせている

送迎

一人っ子ママの中には、子どもにお金のかかる習い事をさせている人もいるでしょう。

例えば習い事に3万円の予算を考えている場合、3人兄弟なら一人あたりの予算は1万円。

一人っ子なら、そのお金を一人に集中して使うことができるため、その分月謝の高い習い事や複数の掛け持ちをすることができます。

習い事の待ち時間が苦痛と感じるのも一人分ですみ、プログラミングスクールや、マンツーマン指導の習い事もしやすいです。

同じ金額を使っていても、一人にかける金額が大きいと、羨ましいと感じてしまうママは多いでしょう。

②:専業主婦なのに家計に余裕がありそう

お金

一人っ子ママが専業主婦とわかっている場合、家計に余裕がありそうに見えてむかつくと感じてしまう人もいます。

きょうだいがいると、その分食費や学費などの出費も多くなり、家計のやりくりも大変に。

「うちも一人っ子なら働かずに済むのに…」と思いながら、やむを得ず働いているというママもいるでしょう。

そのような人から見ると、子どもが一人っ子で専業主婦のママがずるい、羨ましいと見えるのかもしれません。

③:子供がブランド服を着ている

女の子 子供

一人っ子の場合は洋服にもお金を掛けられるため、子どもがブランド服を着ていることも。

話を聞かないと分からない習い事などと違い、洋服はパッと見ただけで「ブランドものだ」「お金をかけている」と気づきますよね。

一人っ子の場合、親がお金をかけられるだけでなく、祖父母も大盤振る舞いをしてくれることもあります。

一方、本当はブランド服を着せたいけど、子どもが多くてそれができず、お下がりやプチプラ服を着せているママもいるでしょう。

そんなママから見ると、ブランド服を着ている一人っ子のママがむかつく、ずるいと感じてしまうことがあります。。

一人っ子ママがむかつく時間のゆとり

続いて、一人っ子ママがむかつく「時間のゆとり」について見ていきましょう。

それぞれを見ていきましょう。

①:ニコニコしていて余裕があるように見える

OK

保育園・幼稚園の送り迎えや習い事の送迎などで、ニコニコしているママを見ると、「あの人は余裕があるんだな」と感じますよね。

自分は下の子を抱っこしながら、荷物も多くて必死…という状態だと、なおさら笑顔がまぶしく見えます。

寝不足などで余裕がなさすぎる状態だと、笑顔のママがむかつくと感じることもあるかもしれません。

相手が一人っ子のママとわかると余計に、「子どもが一人でいいな」「私だって笑顔でいたいのに…」と思う人もいるでしょう。

2歳差はメリットだらけ」「3歳差はメリットだらけ」など年の差が近い家族計画は人気ですが、最初の数年は大変なことも多いのが事実です。

②:お化粧や身だしなみに気を使っている

女性

お化粧や身だしなみは、時間にゆとりがなければ気を使えません。

子供が複数いると、その分お世話をする時間が長くなり、自分のことなど後回しになってしまいます。

どこへ行くにもすっぴんか最低限のメイク、服装も何より動きやすさ優先で「最後におしゃれして出かけたのはいつだっけ?」という状態に。

そんな時に、しっかりメイクにおしゃれな服装の一人っ子ママを見かけたら、羨ましくなりますよね。

③:お菓子作りやハンドメイドなど手作りが多い

ハンドメイド

子どもが一人っ子で時間にゆとりがあるママの中には、お菓子作りや裁縫・編み物など、いろいろなものを手作りするという人もいます。

手作りのお菓子をもらったり、子どもがハンドメイドのものを持っていたりするのを見ると、時間があって羨ましいと感じますよね。

特に時間も手間もかかるような凝ったものが手作りだとわかると、私にはできない、ずるいなと思うママも多いでしょう。

選択一人っ子には悩みも。一人っ子ママはきょうだいが羨ましいこともある

悩み

選択一人っ子はずるいと言われることがあるものの、一人っ子ママはきょうだいが羨ましいこともあります。

一人っ子のデメリットとしてよく挙げられるのは、次の3つです。

  1. 親が子供の遊び相手となる負担
  2. 子供に対して過干渉になりやすい
  3. 2人目はいつ?のプレッシャー

きょうだいがいれば子どもだけで遊んでくれる時間がありますが、一人っ子だとそうはいきません。

遊びの相手は親になることが多くなり、家事が進まない、やりたいことができないなど負担に感じるママもいます。 

また、一人っ子だと親の目が届きやすく、何でも口を出したり手を貸したり、子どもに対して過干渉になってしまうことも。

子どもは一人と決めているのに、「2人目はいつ?」などと聞かれると、「産まなきゃだめなの?」とプレッシャーに感じてしまいます。

一人っ子ママにも、「きょうだいがいれば…」ときょうだいママを羨ましく感じる瞬間は多々あるでしょう。

一人っ子ママがむかつく理由についてまとめ

一人っ子ママがむかつく理由についてまとめました。

  • 時間やお金にゆとりがあるのが羨ましい
  • 子供に塾や習い事などの投資ができる
  • 一人っ子ママ自身も優雅に見える

一人っ子にもきょうだいにもどちらにも違った良さがあるので、妬ましい気持ちを抑えて子供と向き合いたいですね。

タップできる目次